新規サイト001

ベニバナヤマシャクヤク

ベニバナヤマシャクヤク(ボタン科)
10月上旬、但馬南部
スギ植林の伐採された跡地に生えています。(花の時期に確かめるとこの群落は白花でした。紅花が混じっていないか来年もう少し探してみます。)
一つの花には実が2〜5つで、3つか4つのが多くて、5つのもありました。
ベニバナヤマシャクヤクでは実)の数(花の時はめしべの数)がヤマシャクヤクに比べて多いそうです。

私は摂津・西播磨・但馬の計4地点で見ていますが、花の時期に見たのはこの群落(白花)だけで他は実の時期だったので、まだ紅色の花は見たことがありません。一度見てみたいと思っています。






花弁は白いが、めしべの数が多い。→白花のベニバナヤマシャクヤク。