新規サイト001

氷ノ山の植物 その8 (シダ植物)

スギラン(ヒカゲノカズラ科)
氷ノ山では麓から中腹にかけての大きな木の幹に着いています。沢際・斜面・稜線に生えている木で見ました。氷ノ山から少し離れた所で見たのは沢近くの大きな岩に着いていました。
木の種類はブナ・ミズナラ・トチノキ・イヌザクラなどで、太い幹や枝がやや横に寝ているあたりのコケがマット状になった箇所でに着いています。
ある程度湿気があって幹や岩にコケがマット状についていて日当たりのよい位置というのが条件のようです。

氷ノ山中腹の大きなトチノキに着いたスギランの小株です。
この木にはヤシャビシャクも着いていました。 5月上旬


氷ノ山のふもと近くで見たスギランです。沢沿いに生えるブナの木に着いています。7月上旬 



県境稜線上のミズナラの幹に着いたスギランです。3月上旬 




ヒメスギラン(ヒカゲノカズラ科)
ヒメスギランは氷ノ山では標高1000mあたりから上で見られる。よく生えているのは岩場のコケの生えた所であるが、斜面でもコケの生えたそれほど大きくない石にも着いていて、木の根元のコケのある所にも生えている。


氷ノ山の高所にはヒメスギランと一緒によく似たトウゲシバも生えていて紛らわしい。
見ただけでは区別しにくいことがあり、その時はそっと触ってみるとトウゲシバは全体に硬くて小葉がごわごわするのに対して、ヒメスギランは柔らかくて猫のしっぽを触る感じ?に近いです。

斜面のコケの着いた石に生えるヒメスギラン。5月中旬
途中で二又に分枝していることが多い。


生えているのはほとんどがコケの内の蘚類のところであるが、これは沢の苔類の着いたところであった。6月中旬



胞子嚢をたくさん着けたヒメスギラン。10月中旬
胞子で増えるが、上の方に着いている葉が広くなったような「芽体」によっても増えるようです。



ミヤマシシガシラ(ウラボシ科)
ミヤマシシガシラは氷ノ山では標高の高いところの沢源流部で見ました。

沢が急傾斜の溝のようになっていて周りからチシマザサが覆いかぶさるような所です。

ササをしっかりとつかんでいないと滑り台をすべるように止まれなくなるので観察中は要注意です。

ここには株はたくさんあったが、胞子葉を着けた株は少なかった。


栄養葉に比べて胞子葉がかなり長いのが特徴。


8月上旬
胞子葉は出ていますが胞子はまだ熟していない。



今度は胞子がよく熟している。10月中旬


胞子嚢


ミヤマワラビ(ヒメシダ科)
氷ノ山ではミヤマワラビは中腹から高所にかけての数か所の岩崖やその下の湿った所で見ました。

高所のこの場所には割と多く生えているが、他ではあまり見かけないのは実際に生育地が少ないのかもしれないが、見落としている可能性もあります。もう少し探してみる必要がありそうです。


8月中旬





10月中旬

黄葉していました。





フクロシダ(オシダ科)
フクロシダは氷ノ山では中腹から高所にかけての沢岸の大きな岩や岩崖の下部で見かけます。

8月中旬

高所のこの岩崖に着いているフクロシダは何故かどれも長く伸びたきれいな形をしています。



胞子嚢は袋のようです。名前も覚えやすい。



10月中旬
きれいな色に黄葉していました。

コケシノブ・コウヤコケシノブ・ヒメハイホラゴケ(コケシノブ科)
氷ノ山では高所にある岩崖ではコケシノブが、中腹より下の岩場ではコウヤコケシノブやヒメハイホラゴケが見られました。
実際にこのような生育分布をしているかは、もう少し多くの岩場を調べる必要がありそうです。

コケシノブ 5月下旬

高所にある岩崖の狭い隙間のような割れ目に、かなり小さなコケシノブが見られます。






ヒメハイホラゴケ 5月中旬

中腹の沢岸や滝の岩に生えていました。




コウヤコケシノブ 5月中旬

中腹の沢岸や滝の岩に生えていました。





ホテイシダ(ウラボシ科)
葉がやや大きくて幅が広く縁が波打っています。

木の高い所に着いていると見つけにくい。

氷ノ山ではふもとあたりから中腹で見ていますが、もっと高い所にもあるのかもしれません。


ふもと近くの沢沿いの木です。
幹の高い所に着いていてつる植物が邪魔をしているので何とか写せました。 8月下旬


中腹にある倒木にたくさん着いていました。

ホテイシダはシノブやスギランと相性がよさそうです。 7月中旬




オオバショリマ(ヒメシダ科)
最近知ったシダです。

羽辺は中ほどが長いですが、下に行くほどどんどんと短くなって一番下はごく小さいのが特徴的で覚えやすそうです。

中腹の沢岸と高所の岩崖下で見ましたが、これか気をつけてもっと探してみようと思います。

高所の岩崖下です。

葉の先を鹿にかじられていました。  8月中旬






ミツデウラボシ(ウラボシ科)
ミツデウラボシは低地では三つ手や五つ手をしていてよく見かけますが、氷ノ山の中腹や高所の特に風衝作用を受ける岩崖では小さな単葉の姿で見かけます。

小さくても胞子嚢をきちっと着けていて群落もつくっていることから繁殖もしているようです。

氷ノ山の高所にはこのような生え方で比較的見られるのですが、氷ノ山のふもとや周辺の市町では標本が採られていないのが不思議です。

高所にある風衝作用を受ける岩崖  8月上旬

エゾヒカゲノカズラ(ヒカゲノカズラ科)
ヒカゲノカズラのうちの胞子嚢穂の柄が無いかごく短いものがエゾヒカゲノカズラだそうです。
確かに氷ノ山では中腹の林道あたりに生えているのは柄があるが、標高の高い所に生えているのは柄が無いようです。
高所はエゾヒカゲノカズラで、少し低い所はヒカゲノカズラで良さそうですが、そう簡単でもないと思います。
・三木市の標高95mにも柄のないエゾヒカゲノカズラらしい群落が見つかっています。
・市川町の標高380mの稜線近くの林道法面の大きな群落では、ほとんどが柄がないが探せば柄があるのも見つかる。
・氷ノ山の中腹の林道法面の群落でも、場所によっては柄のないのとあるのが混じって生えている。
・観察時期が早い時は柄が目立たないが、遅いと柄が伸びているということもありそうに思える。

高所 8月中旬 ほとんど柄が分からない。



8月中旬 高所 上とはかなり離れた地点。短い柄がある。



マンネンスギ(ヒカゲノカズラ科)
氷ノ山ではマンネンスギは高所の稜線上でも小群落を見ていますが、下の写真はそれよりも少し低い所の平坦な稜線上で写した群落です。

広い平坦地に大きな群落をつくっていました。県境より若干鳥取県側になります。

アスヒカズラが見つからないかと探したのですが残念ながら無いようです。


ツルデンダ・ヒメサジラン・ハコネシダ・チャセンシダ
この4種類は氷ノ山の高所では一か所だけで見ている極めて少ないと思われるシダです。

いずれも胞子嚢は着けていました。

ツルデンダ(オシダ科) 10月中旬
高所にある岩崖に生えていました。見たのはこの一か所だけです。


ヒメサジラン(ウラボシ科) 10月中旬
上のツルデンダと同じ高所にある岩崖に生えていました。見たのはこの一か所だけです。



ハコネシダ(ウラボシ科) 9月下旬 
鳥取県側にある風衝作用を受ける高所の岩崖にこれだけの小群落がありました。



チャセンシダ(チャセンシダ科) 8月下旬
高所にある岩崖に生えていました。見たのはこの一か所だけです。




ミヤマノキシノブ(ウラボシ科)
10月上旬
稜線上の樹木に着いているのを見かけますが、稜線上にある苔の生えた岩に密生していることもあります。





クサソテツ(コウヤワラビ科)
10月中旬
沢の中流部の広くなった岸にたくさん生えていましたが、この群落の株は胞子嚢がたくさん出ていましたが葉はほとんど枯れていました。




こちらは上の写真の1週間ほど前の10月上旬にふもと近くの沢際で写しました。

葉もよく残っています。




ウスゲミヤマシケシダ(イワデンダ科)
10月上旬
比較的高所の林道脇に生えていました。
イブキシダにしては乾いたところに生えていて胞子嚢も着けていないので不思議に思っていたら、私の知らないウスゲミヤマシケシダでした。



その他のシダ
氷ノ山の高所にはジュウモンジシダ・リョウメンシダなどの多くの種類のシダが生えていますがまだ調べていません。
リョウメンシダは少し湿った斜面に多く生えていますが、小さい株や中ぐらいの株が多くて胞子嚢を着けた株は非常に少ないようです。