新規サイト001


氷ノ山の植物 その6 (9月)

ミヤマニガウリ(ウリ科)
9月
図鑑によるとミヤマニガウリには両性花株と雄株があるようです。



雄花






ナツエビネ(ラン科)
9月上旬
比較的高所にも生えていました。

花の色がきれいです。鳥取県側。





ジャコウソウ(シソ科)
9月中旬
中腹の谷の湿った急斜面に生えていました。
タニジャコウソウではなく普通のジャコウソウです。



オオキヌタソウ(アカネ科)
9月中旬
オオキヌタソウが実を着けていました。



アシュウスギ(ヒノキ科)
9月中旬
中腹にある泥の堆積した湿った平坦地で写しました。
日本海側の多雪地に適応して、雪で倒れた所からも根を出したり、株立ちしたりする性質をもった杉が「芦生杉」とよばれているようです。


ヒメコマツ(マツ科)
9月下旬
氷ノ山の高所でもヒメコマツ(=五葉松)が見つかります。

これまでに4株を見ているがすべてが岩場で盆栽のように小さい(1mまで)ものばかりで互いにかなり離れて生えています。

花・実は見られずこの高所では繁殖はできていないようで、遠くから来た種子によって生えているのだろうと想像しています。