新規サイト001

2016年3〜6月の植物観察



アサノハカエデ(ムクロジ科←カエデ科) 千町ヶ峰 6月下旬
沢に沿って数株のアサノハカエデが見つかりました。
この谷にはいろいろな種類の樹木が生えているようですが、どれも樹高が高いので調べるのが難しい。


ヤマゴボウ(ヤマゴボウ科) 大屋町 7月中旬

マルミノヤマゴボウだと思ったのですが、同定の結果はヤマゴボウでした。
マルミノヤマゴボウは花序の軸が赤くなり、がく(花弁のように見える)も赤みを帯びるが、ヤマゴボウには赤みがない。またヤマゴボウの葯は赤みを帯びる。
元は中国原産で薬用としての栽培種。




イナモリソウ(アカネ科) 大屋町 6月中旬
この辺りの急斜面にはイナモリソウが広範囲に多数の株が生えていました。
セイタカスズムシソウもあちこちで見られました。




ヤマトミクリ(ミクリ科) 6月上旬 三木市
市内で新しいヤマトミクリの群落が見つかりました。
前に見た吉川町の群落も大きかったがここも大きい。



タマミズキ(モチノキ科) 三木市 6月上旬
秋になっても実を着けない不明の大きな木でしたが、春に花を着けてタマミズキと分かりました。
雄株なので実を着けなかったようで、少し離れたところの若い木は花も着けません。
雌株がどこかにないか探してみます。



クマガイソウ(ラン科) 4月下旬 西播磨北部

植林地の一角に大きな群落をつくっていました。
初めて見た時は鹿が葉の上部をかじったのかと思いました。
来年は花を見たいと思います。




アケボノミヤマシキミ(ミカン科) 千町が峰 4月中旬
日当たりが良さそうなところに生えていて、葉が小さくて硬く、実が赤い。
よく見かけるミヤマシキミとはちょっと違うように思いました。







スギラン(ヒカゲノカズラ科) 大屋町 3月下旬
岩に着いているのは初めて見ましたが、よく見ると岩に絡みついた木の根のコケが着いたところに生えているようです。
これまでに見たのは木の幹のコケがマット状に着いたところに生えていました。