新規サイト001

2016年7月の植物観察


サンヨウブシ(キンポウゲ科) 波賀町
7月中旬
サンヨウブシは氷ノ山には多くあるが波賀町側では見つかっていなかった。
これまで歩いていなかった一つの谷に入ると連続的に多くの株が生育していた。
(数年前にちくさにも大きな群落があるのが見つかっている。)

8月中旬に再訪して花の着いた標本を採ったが、たくさんある群落・株のほとんどが花を咲かさずに枯れあがっていて、かろうじて数株の花の着いた株が見つかっただけであった。
毎年同じ状態なのか確かめてみたいと思っている。

ヤマゴボウ(ヤマゴボウ科) 大屋町 
7月中旬
ヤマゴボウの実がなっていましたが、やはり花序の軸などは緑色でマルミノヤマゴボウのように赤くなっていませんでした。



アツミカンアオイ(ウマノスズクサ科)  但馬南部
7月中旬
この地域のカンアオイの種類はアツミカンアオイとされているようですが、葉は厚いが特徴の葉の表面のくぼみはあまりない。
この崖地に生えている株はどれも葉が巨大でした。
来年花の時期に周辺の株も調べてみます。



ベニバナヤマシャクヤク(ボタン科) 中播磨 
7月中旬
周囲が植林ばかりの単調な植生の一角に、これとコショウノキ・ヤブレガサの群落がありました。
私がこれまで花の咲いたのを見たのは白花の「ベニバナヤマシャクヤク」だけです。
ひょっとするとこれは赤花のベニバナヤマシャクヤクかもしれないので、花の時期に行ってみたいと思っています。

ヤブミョウガ(ツユクサ科) 東播磨北部
7月下旬
兵庫県での産地は多いようですが、東播磨ではなぜか明石公園の一か所だけでしか見つかっていなかった種類です。

ここは丹波に近い地域で、ヒノキ林の林床に大きな群落をつくっていました。

以前には少し離れたスギ林の林床でも小群落を見ています。