新規サイト001

2016年8月の植物観察


アオホオズキ(ナス科) 西播磨北部 8月上旬

谷斜面は鹿による食害でほとんどの下草がなくなっていましたが、沢岸の岩がゴロゴロした所は食害をまぬがれアオホウズキもわずかの株数ですが残っていました。


サワルリソウ(ムラサキ科)・オオキヌタソウ(アカネ科) 但馬 8月上旬

サワルリソウ
今まで見つかっていなかった地域でサワルリソウの大きな群落が見つかりました。
鹿に食べられた跡はありませんでした。



オオキヌタソウ
サワルリソウと同じ場所にも生えていますが、そこから少し離れた鹿の食害によって裸地のようになった谷斜面にも多数のオオキヌタソウが生えていました。
他の草が食べられることによって、オオキヌタソウは増えやすくなっているようです。



コイチョウラン(ラン科) 但馬 8月上旬
メールと手紙でしかお付き合いがなかったOさんご夫妻にはじめてお出会いして、コイチョウランの自生地を案内していただきました。
少し乾いた林床かササの薮の下と思っていましたが、意外と湿った所に生えていました。
そこそこ株数はあって健在のようです。

ヒオウギ(アヤメ科) 東播磨北部 8月上旬


東播磨では初めての生育地のようです。
初めて行ってみた岩崖に小群落が見つかりました。
同じ岩場にこれも東播磨では初めてのヒナランもあったので、花の時期に標本を採るつもりです。
他にはオオハンゲなどが生えていました。


オオヒナノウスツボ 東播磨北部 8月上旬

オオヒナノウスツボはやはり大きいですね。
氷ノ山辺りでよく見かけるヒナノウスツボとは草丈も花も大きくてかなり違いました。

カヤ(イチイ科) 赤倉山 8月中旬

氷ノ山ではこれまで見つかっていなかった木のようです。
標高の高い所の岩崖上部に樹高が1mほどの1株が見つかりました。
小さい木なのに実をたくさん着けています。

小さい木で実を着けていることから『チャボイノデ』の可能性がないかと思いました。近いうちに博物館で確認してみます。



コケシノブ(コケシノブ科) 赤倉山 8月中旬

氷ノ山の高所に生えているコケシノブ科は、どうやらコケシノブだけのようです。
少し低い所ではコウヤコケシノブやヒメハイホラゴケも見られます。




マメグミ(グミ科) 赤倉山 8月中旬

マメグミの実がちょうど赤く熟していました。





カミガモソウ(ゴマノハグサ科) 西播磨 8月下旬

案内してもらってカミガモソウの生育現状を見てきました。
鹿の食害によって他の草が食べられて芝生の様になっている中で、カミガモソウは食べられないのかかえって増えているように見えました。
湿った溝の水際や廃棄された池の跡や田の跡に多く生えていました。


アサノハカエデ(ムクロジ科) 氷ノ山 8月下旬

アサノハカエデだと思うのですが博物館での同定はまだです。氷ノ山では初めて見つかった種類かもしれません。
氷ノ山の高所なので、積雪や雪崩・落石のためか木は倒れこむように生えていて、多くの太い幹が斜面の下方に向かって叢生していました。
株元からはクロズルも生えていました。






オオバショリマ(ヒメシダ科) 氷ノ山 8月下旬

わりと特徴的なシダなので時々目につくようになりました。
鹿の食害のためか崖ぽい所で少数の株が生えているのを見かけます。




イワヤシダ 西播磨北部 8月下旬

すごく水っぽい葉で変わったシダだと思って調べると、イワヤシダと分かりました。
鹿の食害に遇いやすくて少なくなっている種類のようです。
この株は岩の隙間に生えているので食害から逃れた株かもしれません。



ヒナラン(ラン科) 東播磨北部
8月上旬
東播磨では初めて見つかった種類のようです。
大きな岩場の端にごく少数の株が確認できただけなので、標本を採るのに戸惑いました。
来年の花の時期に行って、株数を確認してから標本を採ります。

ホソバヤマジソ(シソ科) 東播磨
8月中旬
ホソバヤマジソの自生地に立ち寄りました。
8月になって雨は全く降らずで、岩の隙間に生えているホソバヤマジソは葉を閉じて耐えていました。
近くに小さな株がたくさんなるのですが、その一部は枯れていました。
雨がちょっと降れば復活して花も咲かすのですが、もう少しの辛抱です。


このページの先頭へ