新規サイト001

2016年10月中旬〜 の植物観察


ツチグリ(バラ科)の植え替え
12月27日

鉢植えにしていたツチグリを11年ぶりに植え替えました。

2005年11月に植えてから11年間経っていてる。コケに覆われてしまいほとんど大きくなっていないが芋はしっかりとできていました。






2005.11.26

11年前に見つけた時の様子。1か月ほど探してようやく見つかった群落です。

禿山の岩場の土が浅く積もった乾燥しやすい所で見つかりました。芋をつくることで乾燥に耐えることができるようです。

鉢植えにしたのは手前の少し大きい株の右上に写っている小さい株でした。





ヤブレガサモドキ(キク科)の生えるため池堤の草刈り
12月下旬 三木市
12月23日

ため池堤に生えているヤブレガサモドキの保全のための草刈りをしました。

池の所有者が草刈りができないということなので許可をもらって昨年秋から刈っています。

4人がかりで1時間半ほど掛かりました。

草刈をした結果、株が少し大きくなり花穂を着ける株も増えてきたようです。








オオコケシノブ(コケシノブ科)
12月中旬 西播磨北部
この谷の沢岸のいくつかの岩にはオオコケシノブが見られます。

コケシノブ科では他にコウヤコケシノブ・ホソバコケシノブ・アオホラゴケがありました。




アオネカズラ(ウラボシ科)
12月中旬 西播磨北部
この谷には以前には大きなアオネカズラの群落が着いた岩があったのですが、そこでは環境の変化で徐々にコケや草が茂って消えてしまいました。

別の一つの岩で小さな群落を見つけていましたが、新しく群落が見つかりました。

ホソバコケシノブが生える中に青い茎を這わせています。




キヨスミヒメワラビ(オシダ科)
12月中旬 東播磨北部
ある夏緑性のシダを探しに行って見つからず、代わりに見つかったのがキヨスミヒメワラビでした。

県下には広く生えているのですが東播磨では少なく、三木市で見つかったのに続いてこの八千代町が2番目です。

小さな枝谷にだけたくさん生えていました。




ヨウラクラン(ラン科)
11月下旬 西播磨北部
足元に落ちていたスギの枯れ枝にヒメノキシノブとヨウラクランが着いていました。

兵庫県には少ないようで、見たのはこれが初めてです。

沢沿いの植林のスギの木に着いていたようですが、周辺の木を探してみたが分かりませんでした。



少し離れた常緑の木にそれらしいのが見つかりましたが、少し薄暗い場所で離れているのでうまく写っていません。
根の様子はラン科らしいです。


アゼオトギリ(オトギリソウ科) 三木市
11月4日
久しぶりに市内でアゼオトギリの新産地が見つかりました。
これまで市内では4か所が見つかっていましたが、その内の2か所は田の畔や農道の管理(除草剤・水路の土上げ)によって消滅しています。
この5か所目の産地は市街地に近い丘陵地上にある空き地(年に数回だけ駐車場として使われ、その前に草刈りがされる)で見つかりました。
この空き地にはヒメミコシガヤ(環境省RDTA類)も生えていて、このアゼオトギリも(環境省RDTB類)の希少種なので、なんとも不思議な空き地です。


先日に草刈されたヒメミコシガヤの株(黄緑色ぽいのがヒメミコシガヤ)



イヌブナ(ブナ科) (八千代町)

10月30日
イヌブナが東播磨地域で初めて見つかりました。
見たのは1株だけでしたが探せば他にもありそうです

写真は葉と樹幹です。


岩場のコケの中に生えていたラン科です。
このような葉で岩に着くのはセイタカスズムシソウだと思ったのですが?→葉脈の様子からたぶんジガバチソウ
以前に見た近くの別の岩場ではヒナランとヒオウギが生えていました。



アカヤシオ(ツツジ科) 西播磨 (神河町)
10月20日
ヒメコマツが生える露岩の出た険しい尾根に生えていました。

現地で見た時はベニドウダンかと思っていたのですが、帰ってから図鑑で調べて葉の縁に長い毛があり鋸歯も無いのでアカヤシオだと分かりました。






ミズマツバ(ミソハギ科) 三木市
10月21日
市内の古い記録はあるのですがようやく見つけ出しました。
確認できたのは2か所だけで市内では少なくなってきているのかもしれない。



スズメノコビエ(イネ科) 三木市
10月21日
名前は知っていましたが見たのは初めてで、県レッドデータBランクの植物です。
Sさんから情報をもらい見に行きました。
教えてもらっていなかったら見過ごすような草でした。
ため池の岸にも生えていますが満水になったためにそれらは水没状態です。
堰堤の草の中にも生えています。


ヒメコマツ(マツ科) 西播磨 (神河町)
10月20日
中腹尾根に群落がありました。
露岩の出た険しい尾根でヒメコマツ(五葉松)が生える環境でした。
他にはヒカゲツツジ・ベニドウダンツツジsp・ヒノキ・イワカガミなど。


若木・幼木も多い。


近くの岩場では岩隙にも数株が生えていました。


シロヤマシダ(イワデンダ科) 但馬 大屋町
初めて見たシダですが、細い線状の胞子嚢が印象的です。




イブキシダ(ヒメシダ科) 但馬 大屋町
10月16日
この沢沿いには連続的にたくさん生えていました。
このような生え方が本来の自生のようです。




ウラボシノコギリシダ(イワデンダ科) 但馬 大屋町
10月16日
この地域ではこれまでイヌワラビと雑種のホクリクイヌワラビ(イヌワラビ×ウラボシノコギリシダ)だけで、その片親であるウラボシノコギリシダが見つかっていなかったそうです。
今回見つかったこの小さな株は博物館で見てもらったところ、胞子嚢の形からウラボシノコギリシダと同定されました。






ミヤマノキシノブ(ウラボシ科) 但馬 氷ノ山山域
10月10日

高所の稜線の樹幹や岩のコケの中に着いていました。




ヒノキ(ヒノキ科) 但馬 氷ノ山山域
10月10日
高所の稜線上に生えていました。

完全な自生で見かけるのは岩が出た急傾斜地の上や斜面が多いようです。

(植林からの種子による生育ではない。)

氷ノ山の山域にはスギ(アシュウスギ)の自生は中腹から高所の山の斜面でよく見かけるが、ヒノキの自生は案外少ないように思います。





クサソテツ(コウヤワラビ科) 但馬 小代
10月10日
山菜のコゴミで有名ですが私はよく知らなかったシダです。
この時期にはたくさんの胞子葉を出して、栄養葉はほとんど枯れていました。

ウスゲミヤマシケシダ(イワデンダ科)←イブキシダ(ヒメシダ科) 但馬(小代・大屋)
10月10日 小代
林道脇に生えていたので移入による群落の可能性がありますが、近くの沢岸を探せば本来の自生地が見つかるのかもしれません。
胞子嚢も着けていませんでした。

イブキシダにしては生えている環境が違い、胞子嚢も着けていないので変だと思っていました。
後日、博物館で見てもらってウスゲミヤマシケシダとわかりました。



ヒメコマツ(マツ科)
10月10日
数年前から見ている稜線上の岩に着いているヒメコマツ(五葉松)です。
まったく大きくなっている様子はなさそうです。
樹高60pほどに見えるが、かなりの樹齢かも知れません。
(生野あたりには樹高が7〜8mほどの大きな木の群落があります。)


ゴキヅル(ウリ科)
10月8日
ゴキヅルの花はまだ咲いていますが、実もできていました。


実がぱかっと割れて種が出てきました。
割れ方が合面白く感心してしまい、「御器蔓」の名前も気に入りました。



ミシマサイコ(セリ科)
10月8日
ミシマサイコの花期は8〜10月で、まだきれいに咲いていました。



フナバラソウ・スズサイコ・ヤナギフナバラ(ガガイモ科)
10月8日
ヤナギフナバラ(雑種)の実がないかと見に行きましたが、今年は着いていません。
(一昨年は実ができたが、その種をまいてみたが発芽しませんでした)
親のフナバラソウとスズサイコが近くに生えています。
葉の形を比べてみると、やはり中間的でした。

フナバラソウ                                        スズサイコ
    

ヤナギフナバラ(雑種)






ミカエリソウ(シソ科) 氷ノ山方面
10月上旬
氷ノ山で見つかったミカエリソウの大きな群落です。
氷ノ山ではテンニンソウは見ていましたがミカエリソウは初めてです。
これは鹿の食害を受けていないようです。





サンインシロカネソウ(キンポウゲ科) 氷ノ山方面
10月上旬
沢に沿って水際の石に若い葉のサンインソロカネソウがたくさん生えていました。
よく見ると若い実や花を着けているのもありました。
今頃に花を着けるというのは、鹿の食害が影響しているのでしょうか?


花と実