新規サイト001

直近の観察 2018年2月〜


ヒナラン(ラン科)
7月中旬 東播磨北部
花は終わって実になっていました。
険しい岩崖に点々と生えています。




ヤマクワガタsp(ゴマノハグサ科)
7月中旬 岡山県北部
沢の源流近くの少し日が当たるが湿っぽい他の草の少ない場所に生えている。
茎の毛は開出し葉の鋸歯は低く、花は淡く赤いとことがある白っぽい色なので、ヤマクワガタと考えられる個体です。
岡山県の2か所、兵庫県の1か所、鳥取県の1か所の生育地を確認しています。
そのうちの兵庫・鳥取は草やシダが茂りすぎで、生育条件が厳しそうです。


サワルリソウ(ムラサキ科)・オオキヌタソウ(アカネ科)
但馬南部 6月下旬
新しい群落が見つかりました。
この2種は相性が良いのか同じ所に生えていることが多いようです。
草などがほとんど生えないような急傾斜の砂礫斜面で、小石でも100m以上下の沢まで転がっていくような場所です。






ヒナチドリ(ラン科)
但馬南部 6月下旬
大木の高い所に着いているのが見つかりました。

西播磨以外の兵庫県で確認できたのは初めてです。(もう一ヶ所の但馬北部での情報はありますが未確認です。)




キヨスミウツボ(ハマウツボ科)
但馬南部 6月下旬
ほとんど草が生えていない砂礫の急斜面に小群落が見つかりました。
摂津以外で見たのは初めてです。


ヒロハヤブソテツ(オシダ科)
但馬南部 6月下旬
岩棚に大きな群落が見つかりました。


ほとんどの株の葉はかなり大きい。

フクオウソウ(キク科)・オヒガンギボウシ(ユリ科) 5月上旬
氷ノ山 鳥取県側
フクオウソウ
5月上旬に写していたキク科ですが、フクオウソウであることがようやくわかりました。
谷から少し斜面を上がった所にある岩崖の下に小苗がたくさん生えていました。
多年草ですが、ここに写っているのは種子から発芽した苗のように見えます。


フクオウソウの近くに生えていました。
中央の大きな株はオオバギボウシである可能性もありそうですが、上や右上の小さな株はオヒガンギボウシだと思います。
(兵庫県ではイワギボウシとされていた種類はオヒガンギボウシであると訂正されているようです。)


オウレンシダ(コバノイシカグマ科)・タチシノブ(ホウライシダ科)
オウレンシダ(コバノイシカグマ科)の群落 6月中旬 氷ノ山麓
集落近くの山裾のやや明るい林床で6m四方ぐらいの大きな群落が見つかりました。
探せばこの辺りには多く生育地が見つかるのかもしれません。





タチシノブ(ホウライシダ科)←訂正 6月中旬 氷ノ山
麓の集落から上がっていく途中の林道脇で群落が見つかりました。
氷ノ山の麓より上では初めて見ました。



サワルリソウ(ムラサキ科)
6月中旬 氷ノ山
氷ノ山の植物調査に参加して、サワルリソウの自生地などを回りました。
サワルリソウは満開の少し前のまだつぼみが多い状態でした。
モンシロチョウ?が開花した花を飛び回っていました。





コウモリカズラ(ツヅラフジ科)
6月中旬 氷ノ山
昨年秋に見つけていたコウモリカズラを見に行きました。
笹の生えた斜面を覆っていて思っていた以上に大きな群落でした。
残念ながら花が終わっていて、若い実ができ始めているようです。


ノダイオウ(タデ科)
6月中旬 氷ノ山波賀町側
草丈が2m以上ありそうなギシギシに似た株が水路の中と車道際で見つかりました。
ノダイオウのようですが、西播磨では初めての自生地のようです。


ケナシベニバナヤマシャクヤク(ボタン科)
6月中旬 氷ノ山
昨年秋に実の時期に見ていた群落です。
花の時期に確認すると茎が立ち上がり、高い位置から葉が出ていて、葉にはつやがあり、雌蕊が4〜5本と多いので、ヤマシャクヤクではなくてケナシベニヤマシャクヤクであると確認できました。
白花ばかりで紅花の株は見つかりませんでした。
広い範囲に群落をつくっていてフタリシズカも一面に群生しています。
シカによる食害で他の植物がなくなったために、この2種だけが増えたようです。


エゾノヨツバムグラ(アカネ科)

6月中旬 波賀町側氷ノ山
標高の高い登山道脇で見つかりました。まだつぼみです。


少し標高の低い大屋町側では花も咲いていました。


雑種(推定チャセンシダ×コタニワタリ)
6月中旬
推定ですがチャセンシダ×コタニワタリのチャセンシダ科の雑種です。
昨年からの葉はほとんど枯れ、枯れかけた一枚だけが残っていて、新しい葉が4枚ほど出てきていました。

葉の質はコタニワタリに似てやや厚く、チャセンシダに似て小葉や切れ込みができている。


チャセンシダのような翼はなく、コタニワタリのような鱗片があるようです。



オオバギボウシ・コオニユリ・マルミヤマゴボウ・オオハンゲ・アオフタバラン・リンボク
6月上旬 西播磨
オオバギボウシ(ユリ科)・・・ここでは沢岸ではなく岩場で見られました。
コオニユリ(ユリ科)・・・少し先に見えている細い葉の植物です。

険しい岩場ですがあまり変わった種類はなさそうです。
他にはイワヒバ・トラノオシダ・ヤマツツジと遠くにヒトツバらしいのが見えました。


マルミノヤマゴボウ(ヤマゴボウ科)
山斜面に点々と見られました。
ヤマゴボウも混じっていそうですが、ヤマヒルが多くてとても調べ切れませんでした。


オオハンゲ(サトイモ科)
岩崖下の砂礫斜面に群生していました。


アオフタバラン(ラン科)
植林の林床に生えていました。
つぼみが見られますが開花はまだまだ先のようです。


リンボク(バラ科)
林道に倒れこんでいました。
葉につやがあり、若い木だとヒイラギに似た葉になります。


ホソバニガナ(キク科)
5月下旬 三木市
生育しているため池が2年間ほど水が抜かれていたので心配していました。
株数は大きく減ったが何とか残っていて安心しました。
水が少しずつ増やされているので回復するものと思われます。
しかし、この池に生育していたコバノヒルムシロとニオイタデはまだ見られず、これから出てくるのかちょっと心配です。


ツルキンバイ・ハクサンハタザオ・ヤマイバラ
5月中旬 但馬
ツルキンバイ(バラ科)
以前に見つけていたツルキンバイの様子を見てきました。
花は終わっていますが株は広がっていて良好な生育状態でした。


ハクサンハタザオ(アブラナ科)
たくさん花を着けて繁茂していました。


ヤマイバラ(バラ科)
大きな花と大きな葉が特徴的です。
但馬ではあまり標本は採られていないようです。


イブキシモツケ・オウレンシダ・コタチツボスミレ
5月中旬
イブキシモツケ(バラ科)
蛇紋岩質の岩が出た山裾にちょうど満開状態で咲いていました。
加古川市・高砂市などでは流紋岩質凝灰岩に、氷ノ山の麓のここでは蛇紋岩質の岩に、氷ノ山中腹の玄武岩質安山岩の岩崖に生えています。


オウレンシダ(コバノイシカグマ科)
以前に見つけていた群落で、オウレンシダで合っていました。
近くにはトリガタハンショウヅル・トキワイカリソウが多く、日当たりの良い林縁にはガンピ・ダイセンミツバツツジも見られます。


コタチツボスミレ(スミレ科)も生えていました。
サンインタチツボスミレとも言うそうです。

ニワトコ(スイカズラ科)
5月中旬 
大きな葉のニワトコが生えていました。
幹は伏していないので多雪に適応したオオニワトコという種類ではなさそうです。
多雪の地域にはオオニワトコではないが葉が大きいニワトコというのもありそうな気がします。



ヤブレガサ(キク科)
5月中旬 氷ノ山関宮町側
2年前に大株の生えた大きな群落を見つけたのですが、その夏にシカの食害に遇い消えかかっていました。
今年行ってみると、僅かに20株ほどの小株が残っていました。
周辺のシダなどはまだシカに食べられているので、この残っている株もちょっと心配です。
すぐ横のミカエリソウの群落の方はは今のところ食害されていません。


キハダ(ミカン科)
5月中旬
他の樹木の葉はすでに展開しているのですが、キハダはかなり遅れるようです。

イワネコノメソウ・タチカメバソウ
5月上旬 若桜町氷ノ山
イワネコノメソウ(ユキノシタ科)

若桜町側の谷を歩いてみました。イワネコノメソウがこの谷には連続的にぎっしりと見られました。

兵庫県側では氷群生する谷がノ山の周辺部で見つかったのですが、氷ノ山の山域内ではまだです。

生育している谷は限られるが、生えておれば群生する傾向があるようです。





タチカメバソウ(ムラサキ科)

兵庫県では生育地がやや限られているタチカメバソウも、若桜町側には多いようです。



オオヤマザクラ
5月上旬 大屋町氷ノ山
オオヤマザクラ(バラ科)

もう花の時期は終わったと思っていたら、この林道脇の株はまだ咲いていました。


ベニドウダン・ホンシャクナゲ
5月上旬 大屋町氷ノ山
ベニドウダン(ツツジ科)

岩崖周辺の急斜面に生えていました。

花が少し小さいですが普通のベニドウダンのようです。



林床には花を着けない幼株がぎっしりと生えていました。



ホンシャクナゲ(ツツジ科)

すぐ横の岩崖に咲いているのを5月上旬に写しました。

他にはユキグニミツバツツジ・ツリガネツツジ・アセビがあり、この周辺にはツツジ科が多く見られました。


ダイセンヒョウタンボク・ユキグニミツバツツジ・マルバマンサク
5月上旬 波賀町氷ノ山
ダイセンヒョウタンボク(スイカズラ科)

波賀町側では未確認だった種類で、あるはずだと思って探していてようやく見つけました。

株数は少ないのですが実をたくさん着けています。



花期は早いので雪が残っている頃に行かないと花は見られません。




ユキグニミツバツツジ(ツツジ科)

岩場にたくさん生えていました。

ユキグニミツバツツジもなぜか波賀町側では生育が確認されていなかったようです。




マルバマンサク(マンサク科)

岩崖の近くの斜面にはマルバマンサク(マンサク科)もありました。



トリガタハンショウヅル(キンポウゲ科)
4月下旬 関宮町 氷ノ山の麓
但馬には少ない種類のようですが、この山裾の斜面にはたくさんの株が見られました。
暖冬で雪が少なかったためか、4月下旬に開花しました。


ヒメミコシガヤ(カヤツリグサ科)
4月下旬 三木市
空き地に生えているヒメミコシガヤです。
大きな株が多いのですが、あまり大きくなると根が詰まってきて中心部は茎を出さなくなるようです。


この株では中心部が透けてしまって、周辺部の茎も少なくなっている。




サイカチ(マメ科)
三木市 4月下旬
運動公園に移植されているサイカチの巨木です。
つぼみが着き始めていました。


運動公園内の市民プールに掲示されている写真です。
1994年7月の撮影で、当時は美嚢川の川岸に生えていました。同年11月に移植された。
2006年の計測で幹回りが463pあったそうです。


ダイセンミツバツツジ・ガンピ・トリガタハンショウヅル・オウレンシダ
4月中旬 氷ノ山の麓 旧関宮町
蛇紋岩質の岩がが出ている標高の低い麓です。
ここに載せている以外に、イブキシモツケ・ダンコウバイ・コバノチョウセンエノキ・キガンピ・トキワイカリソウなど多くの種類が見られました。

ダイセンヒョウタンボク・・・・葉裏に毛があり、葉柄の根元まで毛が多い。花の色はコバノミツバツツジより濃い。
ガンピ・・・・横に這っている葉のない幹。



オウレンシダ・・・・群生していた。
トリガタハンショウヅル・・・・右上に葉とつぼみが写っている。葉柄が花柄よりかなり長い。


ホクリクネコノメ・サンインネコノメ(ネコノメソウ属)
4月中旬 氷ノ山の麓
右上はガクが黄緑色でホクリクネコノメ、左下はその品種でガクが淡茶褐色のサンインネコノメのようです。
氷ノ山には両方が生えていてサンインネコノメの方が多い。多くの場合は混生したり群落が接近しているようです。
サンインネコノメの基準産地は氷ノ山の養父市大久保だそうです。

西限のキシダマムシグサの発芽
4月中旬
嬉しい便りが届きました。
三木市内で見つかっていた1株だけのキシダマムシグサに子孫ができて、生育を存続させる可能性が出てきました。
自生地の雌株に少し東の帝釈山地の雄花の花粉を受粉させてできた種子を、昨年の晩秋に姫路市立温室植物園のMさんに発芽の依頼をしていたものです。
受精に至っているのか不安でしたが、数十株の発芽が確認できたということで感激です。
数年後には自生地に植え戻して、元から生えていた雌の株と再度交配させ、その後は自然繁殖をさせて群落が維持できるようにする計画です。

4月中旬


播種前の種子



東播磨のハリママムシグサ・キシダマムシグサ(サトイモ科)
三木市 4月初旬
三木市内に生育する2種類です。

いずれも東播磨ではここだけでそれぞれ1株ずつしか現存していないようです。


ハリママムシグサ
数年前まで4株あったのが次々消えて今年は1株だけになってしまった。
周囲はイノシシに掘り返されていて、大雨の時には沢が増水して流れてきた土砂に埋もれてしまうような不安定な場所です。
この株は貧栄養の土壌のためか年々小さく(葉が着いている部分を含めても10cmほど)なっていきます。
やむを得ず今年は掘り起こして植物園に緊急避難させることにします。



キシダマムシグサ
今年も出てくれたがやはり1株だけでした。
この種類は芋で増やすことが難しいので、昨年は近隣(摂津)の雄株の花粉を受精させて、できた種子を植物園で播種してもらっています。
うまく受精しておらば良いのですが、結果はまだ分かりません。



ユキワリイチゲ(キンポウゲ科)・ヒロハヤブソテツsp(オシダ科)・水晶
朝来市 4月上旬
初めて入った谷ですが、谷の礫が堆積した斜面にユキワリイチゲが数百メートルにわたってたくさん生えていました。

途中で観察を打ち切ったのでさらに上流部まで生えていそうです。

たくさんの株があるのですが花を着けているのはごくわずかです。



滝の岩にはヒロハヤブソテツspが生えていました。

似たような株は別の谷にも生えていて、この辺りには多いようです。



水晶

沢にある石英質の白い大きな岩に直径3〜4cmほどの小さな穴が開いておれば、その中にはこのような小さな水晶が見られます。

大きな結晶にはまだ出会えていない。




ナニワズ・ダンコウバイ・アブラチャン・ヒュウガミズキ・マンサク
3月下旬 但馬中南部
3月中・下旬に咲く樹木の花は黄色です。

何かの理由があるのでしょうか?


ナニワズ(ジンチョウゲ科)



ダンコウバイ(クスノキ科)



アブラチャン(クスノキ科)



ヒュウガミズキ(マンサク科)



マンサク(マンサク科)




アカハナワラビsp(ハナヤスリ科)
氷ノ山山麓 3月下旬
標高450mあたりの渓谷の岸の岩場に生えていて、葉の裏も赤くなっていました。

この谷にはフユノハナワラビもあるので、雑種のアカフユノハナワラビかもしれない。

アカハナワラビは最近になって県下の各地で見つかってきているようです。



昨年(2017)の11月下旬の様子




サイカチ(マメ科)の巨木
三木市 1月
以前に三木市内の美嚢川の岸に生えていたサイカチの巨木を河川工事の時にどこかへ移植して保護したということを聞いたことがありました。
その場所が分からなかったのですが、私のアルバイト先のすぐ近くにある公園に植えてあるのが見つかりました。
枯れたようになっている幹の部分(中は空洞)を含めると幹回りは445pで、西日本では最大の巨木になるのかもしれません。
(日本で最大は山形県山形市の9m)
(葉が出ていない時期なのではっきりとサイカチであると確認できないのですが、ほぼ間違いなさそうです。)


反対側から見た幹の様子


コバノチョウセンエノキ(ニレ科)の巨木
関宮町 (3月下旬)
昨年見つけていたコバノチョウセンエノキを見てきました。

太い幹は切られたようで、その株元から若い幹がたくさん出ています。

切られた古い木は幹回りが160pあり、かなりの巨木であったと思われます。

(右の枯れた大きな幹もコバノチョウセンエノキと思ったのですが、確信が持てません)



昨年(2017年)夏