新規サイト001

トサオトギリ



トサオトギリ(オトギリソウ科) 東播磨
↓ 7月中旬。
写真では大きく写していますが、小さな花です。
花びらの縁にも黒点が見られます。






↓ 丸みを帯びた小さな葉とまっすぐ伸びた細い茎が特徴的。


↓ すっきりした印象の葉と茎です。
葉の中に明点、葉の縁に黒点、茎にも黒点が並んでいる。


↓ 明点は葉全体に均一に散らばっているようです。
黒点は葉の縁にまばらにあり、茎にも見られ、花弁の縁にも黒点が見られる。


↓ トサオトギリは蛇紋岩にのみ生育するとされていましたが、この場所は流紋岩質凝灰岩で、岩が風化してできた砂礫の堆積した所に生えています。
宿根性で数年間は生えていますがその内に消えて、少し離れた場所に移っていることがあります。




↓10月中旬 岩の隙間に生えたトサオトギリがきれいに紅葉していました。 


↓ 果実



↓ 4月初旬 早春の出芽 


↓ 芽生えて1年目?


このページの先頭へ