新規サイト001


沢・薮 4 鳥取方面

矢筈川右俣の右沢筋(一の沢筋)鳥取県赤崎町 2004.8.21

4年程前から考えていた大山の東・船上山近くの「矢筈川右俣」の沢登りにようやく行くことができました。
 この日のメンバーは6名で、ザイルを使える者3名と初心者(私も)が3名でした。

この時に通ったのは朱線のルートで、黄色は数年後の夏に船上山から縦走して一人でたどったコース。


↓この地図の「二の沢筋・三の沢筋・四の沢筋・右沢筋」は予想図です。


9:50 矢筈川沿いの林道終点(標高470m)より入渓。しばらく沢を進み、途中から右岸の植林内の踏み跡を歩く。

10:20 二俣(標高550m)に着いて休憩。写真で見えているのはこれから上る右俣。

 ゴーロの多い谷を進んで行くと、710m地点で前方に稜線が見えてきた。

11:15 二又(標高730m)に着く。このあたりは泥壁の谷で、右より10mほどの滝が落ちる。左の谷を60mほど行ってみるが5mの滝があり簡単には進めず、相談した結果今回は二又から
50mほど下った所から右へ高巻いて、右の谷筋の上流に出ることにした。

 

 

11:45 高巻き開始。泥壁を登るのは大変で、大きく高巻いた後懸垂下降で10m滝の上流に下りる。(この懸垂下降は練習を兼ねてで、30mほど上流なら木につかまりながら下りれる。)

13:00〜10 下りた所で休憩。

13:20 下部の岩壁(墓場壁)の下に着く(標高900m)。岩は玄武岩質で節理状、草は少し生えているが浮石などもなく、また手がかり・足がかりの多い滑らない岩質である。傾斜もあまり
きつくなく最下部を除けばザイル無しで十分である。壁は下から上まで130mほどもあり、水も少ないが流れていた。

13:40 私は最下部のザイル練習をサボって左から高巻いてしまい、大岩壁の中ほどで20分ほどザイル組を待つ。

14:00 大岩壁の上で三又に分かれていて、一番左の広い沢筋を行く。

しばらく急な沢筋を歩いて、

14:40 上部の岩壁(墓場壁)の下に着く。(標高1070m) 最下段と最上段でザイルを使うが、ここも登りやすい岩壁で、下から上までは90mほどはあったと思う。(ザイルを使ったので時間
がかかった。)


大岩壁の中ほどの登り。傾斜はきついがホールドはいっぱいあるので楽しく登っていける。

15:50 大岩壁(墓場壁)の上に着く。写真は上から眺めた上段の岩壁。

 


 



 


ここから稜線までの最後の登りは急傾斜のキャラボクやダケカンバ?などがぎっしりと生えた藪で大変だった。

16:25 ようやく稜線(標高1190m)に出る。勝田ヶ山の最高点より30mほど北より(三角点より)であった。船上山に向けて下山開始。

 (17:10 日没)

17:35 ほぼ真っ暗になる頃に船上山の上の神社に着く。ここからはヘッドランプをたよりに歩く。

18:20 船上山東登山口のパーキング着。



矢筈川左俣〜甲ヶ山


  


2002.9.22 鳥取県 佐治川支流の北谷
今回佐治川支流の北谷で、岡山のSさん(HP「山仲間」の方)と「みまさか山の会」のYさんのベテランお二人と沢登りをご一緒させてもらうことができました。いつも単独で我流の登り方をしている自分にとって、良い経験になりました。

5:40三木の家を出て8:10に待ち合わせ場所の佐治川ダム駐車場に着き、岡山のお二人(初対面)と合流して北谷へ出発する。
9:10北谷林道のゲート手前(標高400m)を出発、すぐに橋と取水口がありその先はゴルジュになっているので右へはい上がって山道を通ってぬけてから沢に下りる。
9:55滝(5m)
10:05滝(6+6m)
10:10滝(4+4m斜)(標高490m)。
10:20休み。
10:50滝(6+8m)左へ高巻くと踏み跡あり。上流に砂防堰堤が見えたので、そのまま踏み跡をたどる。
11:05堰堤の上。
11:15三つ又の真ん中を行く(標高560m)
11:25滝(5m斜)(標高600m)
11:35滝(5m赤い岩で斜)
11:40滝(4+4m泥壁状)
11:45休み。このあたりに先日の大雨で左岸が大きく崩れて谷を埋めた所があった。次第に谷が狭まりゴルジュ状になる。
12:15滝(2段10m)左岸から支流の滝。
12:23滝(10m泥壁状)   
   急傾斜の大きな石のゴーロになり、前方上方には大きな壁から落ちる大滝(地元の人に聞くと雨滝と言うそうです)が見えてくる。
12:35〜50 雨滝(写真下、右下に同行者のお二人)(50〜60m、標高800m)、壁が大きく発達したすごい滝でした。この日は水量が少なく、名前の通りに雨が降り注ぐように落ちていましたが、水量がある時はかなり迫力があるそうです。

 戻る途中、西の高鉢山(1203m)の稜線に伸びている枝沢の偵察に行くがすぐに夕立があり30分で引き返す。
13:30泥壁状10mの滝。安河内さんに指導してもらって、生まれて初めての懸垂下降を経験する。
14:20(標高660mあたり)から左岸上の林道をめざしてはい上がる。手入れのされていない杉林があるが林道は見つからず、結局さらに上に藪こぎして、
14:35標高700mにようやく古い林道を見つけた。
14:50林道を出発。また雨が降り出す。
16:15国道に出る。
16:50車に戻る。

 北谷は滝の多い明るい沢で快適に歩けました。「最初のゴルジュ」と「10:50の6+8m」、「最後の雨滝」の三つ以外はすべて直登が可能です。淵も多いがなんとかヘツることができ、泥壁の滝もしっかり固まっていてホールドも多く快適に登れました。ただし滝を下る時は懸垂下降の技術もいるようです。

  

1996,8,6 甲川上流部〜大休み峠   1996.8.7 甲川下流部
<8月7日> 甲川の上流〜大休み峠  (沢2時間15分、全4時間40分)
 下山キャンプ場泊 香取の開拓村をぬけて、車で県民の森の林道まで入る。
7:00に出発し、「甲川へ」という標識のところから、踏み跡程度の山道をたどって、30分ほどで甲川上流の沢に降りた。
そこから20分で庄司ヶ滝に着いた(写真)。途中の水溜りで5〜6匹のヤマメが石の陰に隠れたのを見つけて、しっぽをひっぱたりして遊んだ。

 庄司ヶ滝を、右から踏み跡をたどって高巻きすると、その上もかなり侵食が進んでいて、上方に新たな谷を刻んでいた。

 そこから先は数回沢が分岐しているので、地図で確かめながら進み、10:00に大休み峠小屋に着いた。
 
小屋も新しくなり、昔のじめじめした峠の雰囲気は全くない。
川床への道を通り、途中から県民の森へ通じる山道を下って車に戻った。

 ちょうど12:00にテントに戻ることができた。



<8月9日> 甲川下ノ廊下の下流部 (沢1時間) 
 8:30うぐいす橋から甲川に下りる。 さすがに下ノ廊下というだけあって、ゴルジュが発達し、ちょっとした淵でも超えるのが大変な大きな谷であった。

 9:20に大きな淵を持つ4mと3mの滝が連なった所についた(蝶形の淵の滝)。(写真)
その奥もゴルジュが続いているようで、一人で越えれそうもなくここまでとした。

 帰りはその淵の所から右へ斜面をはい上がって、1時間ほどで車道に出たが、ひどいブッシュで大変だった。



下ノ廊下・中ノ廊下は後日(2004.8)通りました。 上ノ廊下は私には無理のようです。


甲川(下ノ廊下〜中ノ廊下)2004.8.16





ザイルもカナビラもエイト環も使ったことがない私ですが、同行者お二人の力を借りて下の廊下から中の廊下まで、無事に楽しく遡行できました。

甲川:下ノ廊下
9:05 うぐいす橋から甲川に入渓。朝の水温は15度、昼頃には17度になる。

9:25 「下の廊下」入口の蝶形の釜の滝に着く。

蝶形の釜の滝の上。

3つほど深い釜の滝が連続し越えるのが大変。

その後もザイルも使いながら小さく巻いて滝や淵を越えていく。

 


 


10:00 左より大きな枝谷の滝(30mほどで、以前は幻ノ滝と呼ばれていた)の落ちる所に着く。
滝の先には深い淵のゴルジュがあり小さな滝に続いている。
流れがあって泳いで通るのは難しい。

右から小さく巻いて滝上に出る。

上流側から見たゴルジュの様子。

 

上流の様子。
 


11:00 深い淵に着く。試しに泳いでみるが水は冷たく(17度)、流れもあって奥の滝まではたどり着けず。結局一人が右から巻いて、流してもらったザイルにつかまって通過した。
11:25 滝の上。

 

その後しばらくは歩きやすい。これで「下の廊下」も終わりかと思っていたら・・・。
11:45 下の廊下最大のゴルジュ(長い淵)が現われる。流れもあり、また奥の滝に取り付くのも大変そうなので、結局右より大きく高巻くことにする。
 

その後しばらくは歩きやすい。これで「下の廊下」も終わりかと思っていたら・・・。
13:45 ようやく「中の滝」の岩壁が見えてきた。標高点576mの所。
 

14:00 中の滝は手がかりの少ない5mほどの壁で、結局左から残置ハーケンを使って越える。

                                   14:15 滝の上から振り返る。
 


14:45沢に2本のロープが渡された所に着く。
ここから香取牧草地に抜ける踏み跡がある。(ここで10分休み)



甲川:中ノ廊下

15:00 「中の廊下」の入口。
長い淵のゴルジュがあり、その先は滝になっている。
この日は土砂が淵にたまって浅くなっていたので、少しヘツリぎみに巻いてから腰まで淵に入り、滝の左から取り付いて這い上がることができた。
 



15:15 滝の上からゴルジュを振り返る。(15分休み)
これより上流の「中の廊下」は壁が発達しているが、沢は大岩がゴロゴロしているだけで通りやすい。
「中の廊下」を過ぎた所で下流を振り返る。

その後は単調な流れが続く。

15:35 この日の最終地点。

(最終地点は左から枝沢が流れ込んでいる所で、上流100mほどには「上の廊下」の壁が見える。)
15:45休憩の後、右への山道を通って16:00牧草地の車道、16:18まわしておいた車に着く。 

※上ノ廊下はかなり険しく、技術のない私には無理のようです。

鳥取県:扇ノ山袋川「雨滝上流」 地図「扇ノ山」
2000.7.9


<沢4時間40分、全7時間>
 地図で見るとまっすぐで単調そうだが、5〜14mのしっかりした滝が10以上あり、谷も深くてよい沢であった。

 雨滝の駐車場に車を止め、9:50自然歩道を通って雨滝の上流に出て、歩道が左へ渡る所の7m(堰堤状)の滝に着く。

 10:20ここから沢に入ると、すぐ7m(斜)があり、その上には全35m(14m、30mのみぞ、7+7m2段、とゆ状30m)の滝がある。

 その上からも、5m、3m(ナメ)、8m(幅広で斜)、7m(赤い岩)、10m(末広)、6m(幅広で末広)、7m(段状)、5m(3条)、8m、が続く。(写真)

 14:30砂防堰堤に着き、昼食をとる。14:50出発し、少し進んでから左へ薮漕ぎして、水場がある三叉路「水とのふれあい広場」の100mほど手前の車道に出た(15:00)。

車道と自然歩道を通り、16:55に雨滝の車に戻った。









1997.6.8 来見野川本流(若桜町)
<沢4時間、全6時間> 「山渓」の記事を見て行ってみました。

 諸鹿集落の先の二又の所から入ろうとしたが、滝やゴルジュがあって難しそうなので、右岸の林道を進んで沢が緩くなった所から入った(10:45、標高450m)。広くて歩きやすいが、周りには大きな岩壁も見え、廊下状になっていた。(写真1)

 12:15出合の滝に着いた。右に20m、左に15mの滝(写真2)があり、右の滝のきわをよじ登り、その沢を渡って山道を通り、大鹿滝を見に行った。

 休憩した後、山道を引き返し、途中から山を越えて大鹿滝のすぐ上に下りた。滝口の方はゴルジュで近寄れず、上流へ進んだ。

 途中に10mと12mの滝があり、14:15に野頭ノ滝12mに着いた(標高790m)。(写真3)

 左へ山道をのぼり林道に出て、広留の大根畑の中の車道を通って、途中から諸鹿への廃道(新しい林道の工事中?)を下って車に戻った(16:10)。この戻ってくる道は長くて疲れた。