新規サイト001

氷ノ山の植物 その5 (7月下旬〜8月下旬)

シモツケソウ(バラ科)
7月下旬
梅雨末期の雨の中で写しました。

鳥取県の勝田が山で見たのはもっと赤色が濃かったが、ここの株は薄いピンク色です。

この岩崖下ではほとんど白色の花の群落も見られます。





左の白い花はオオバギボウシで、ナンゴククガイソウも写っているようです。



白っぽい花のシモツケソウ





8月上旬の花



ナンゴククガイソウ(オオバコ科←ゴマノハグサ科)
7月下旬
高所の湿った草地で写しました。

7月15日では満開にはすこし早いようです。
クガイソウ(九蓋草または九階草)は葉の着き方からで、ナンゴククガイソウはその変種だそうです。


  


オオモミジガサ(キク科)
7月下旬
岩崖の下部や沢岸の崖斜面などで見かけます。
大きな葉と黄色い花が特徴です。




6月中旬

まだつぼみの時期で、中腹の沢岸で写しました。



チシマザサ(イネ科)
7月下旬
登山道脇のチシマザサが一角だけ花を咲かせていました。
このように部分的に花を咲かせて世代を更新していますが、そのうちに一斉に咲かせて枯れるのかもしれません。


5月下旬



イワアカバナ(アカバナ科)
7月下旬
花の下の子房の部分が長く伸びていて、花が白く(うすいピンクのこともある)て、めしべの先が丸くなっている。
アカバナは花が赤いのではなくて、秋に葉が赤くなるから。

高所にある岩崖下の日当たりのよい草地に生えていました。
数年前までは大屋町避難小屋の軒下にもありましたが、草刈をされて消えたようです。




8月中旬 岩崖下の草地で見られました。





9月下旬

実になっていました。葉も少し赤くなっています。



タマガワホトトギス(ユリ科)
7月下旬
タマガワホトトギスはこの時期にはまだつぼみですが、葉が大きくて丸いので分かります。



後日に咲いた花。



ヒロハテンナンショウ(サトイモ科)
7月下旬
ヒロハテンナンショウは麓でも見られるが、」氷ノ山の高所にも生えています。
葉が普通は1枚で、花(実)の位置が葉よりも低いのが特徴です。

メタカラコウ(キク科)
7月下旬
氷ノ山の高所の沢源流部や岩崖の水が染み出るような所にはメタカラコウが生えています。

少し下った沢でも見られるが、それより標高の低い所ではオタカラコウしか見られなくなるようです。



メノマンネングサ(ベンケイソウ科)
7月下旬
氷ノ山の高所にある幾つかの岩崖に生えています。
この岩の上部の風衝作用を強く受ける株は一見ミヤママンネングサのようにも見えるが、岩の下部の株はメノマンネングサらしくなります。連続的に生えていることからこの群落はすべてメノマンネングサだと思われます。


岩崖の中部から下部にかけての群落。





オニノヤガラ(ラン科)
7月下旬
氷ノ山の高所にもオニノヤガラが生えていました。

見事に地面に突き刺さった1本の矢に見えます。



マルバノホロシ(ナス科)
8月上旬
鳥取県側の高所にある岩崖下で写しました。


サワルリソウ(ムラサキ科)・オオキヌタソウ(アカネ科)
8月上旬
このあたりではサワルリソウの生育は確認されてなかったと思うのですが、子の斜面で見つかったのはかなり大きな群落でした。鹿による食害もないようで、実もよく着けていました。オオキヌタソウも少し混じって生えていました。




サワルリソウの群落のある谷の枝谷(それほど離れていない)の斜面にはオオキヌタソウの大きな群落がありました。
氷ノ山の山域ではこれまでにも小群落をいくつか見ていたが、これほどまとまって生えているのは初めてです。
鹿の食害が進んで谷の広い斜面の下草が少なくなり、そのためにオオキヌタソウの個体が増えたものと思われます。


ミヤマタニタデ(アカバナ科)
8月上旬
中腹や高所の沢岸や林床・笹の下などの湿った所で見かける小さな草です。

麓でも生えている所があります。

ミズタマソウの仲間なので、小さいけれど花・実がミズタマソウに似ています。





ササの下に群生するミヤマタニタデ。

チャボガヤ←カヤ(イチイ科)
8月中旬
氷ノ山ではこれまで見たことがなかったの樹木です。

ブナ帯から上部のこのような場所に生えるのは稀だと思われます。

高所の岩崖の上に生えていて、樹高は1mほどですがたくさんの実を着けていました。

雌雄異株なのでどこかに雄株があるはずで、周辺を探せばどこかで見つかるかもしれない。


(麓近くの奈良尾・福定にも2〜3mほどの木がたくさんあるが、大木のカヤというのはまだ見ていない。)



オオシラヒゲソウ(ユキノシタ科)
8月下旬
初めてこの花を見た時にはカラスウリの花に似ていると思いました。
氷ノ山では中腹から高所の沢岸や滝、岩崖下の水が染み出るところなどで見かけます。
兵庫県にあるのはシラヒゲソウではなくてすべてオオシラヒゲソウとされています。
生えている場所によっては葉も花も小さいことがあるのですが、良い条件の場所では全体に大きくて、特に下の方の葉がかなり大きいのが見られます。




チョウジギク(キク科)

8月上旬 まだ咲き始めです。



8月下旬

花の最盛期です。大きな群落をつくっています。



白い毛に覆われた長く伸びた花茎の先に黄色い花を着けていて面白い花だと思いました。



サンヨウブシ(キンポウゲ科)
8月下旬
氷ノ山に生える無毒のトリカブトの種類です。
麓にも生えていますが、高所の沢源流部や岩崖下の草地にも生えています。
花の時期には葉がほとんど枯れあがっていて茎の先に花だけが残っていることがほとんどで、きれいな葉が残っている株はごく稀なようです。





7月上旬

氷ノ山の山域の関宮・小代側や鳥取県若桜町側には比較的多く生育しているが、これまで波賀町側では見つかっていなかった。

今回、波賀町側の一つの谷に連続的に群落があるのが見つかった。

しかし、8月中旬に再訪すると、多くの株が枯れ花を着けているのはごくわずかだった。



カワラナデシコ(ナデシコ科)
8月下旬
氷ノ山の高所にはカワラナデシコがたくさん生える岩崖もあります。

日当たりや水分の具合が河原と似ている環境ということなのでしょうか?



チシマザサ(イネ科)
7月下旬
40から50年ほど前に一斉に開花して枯れたと思うのですが、次回はいつでしょうか?
これは登山道脇の刈りはらわれた所で開花していた株です。
刈りはらわれなくても少し開花していたり、少し広い範囲が枯れているのも見かけます。
部分的に開花して株が更新しているのか?

コイチョウラン(ラン科)
8月上旬
Oさんご夫妻の案内で昔に見つかっていたコイチョウランの自生地を見てきました。
すでに実になっていましたが良い状態で残っているのを確認できました。
思っていたよりも湿っぽい所に生えていました。


オオバショリマ(ヒメシダ科)  
氷ノ山 8月下旬
わりと特徴的なシダなので時々目につくようになりました。
鹿の食害のためか崖ぽい所で少数の株が生えているのを見かけます。




アサノハカエデ(ムクロジ科)  
氷ノ山 8月下旬
アサノハカエデだと思うのですが博物館での同定はまだです。氷ノ山では初めて見つかった種類かもしれません。

氷ノ山の高所なので、積雪や雪崩・落石のためか木は倒れこむように生えていて、多くの太い幹が斜面の下方に向かって叢生していました。
株元からはクロズルも生えていました。



アオホオズキ(ナス科)  
西播磨北部 8月上旬
谷斜面は鹿による食害でほとんどの下草がなくなっていましたが、沢岸の岩がゴロゴロした所は食害をまぬがれアオホウズキもわずかの株数ですが残っていました。