新規サイト001

氷ノ山の植物 その2 (3月〜5月中旬)


マルバマンサク?(マンサク科)
3月下旬
春先の雪山登山中に、マンサク(この辺りに生えている種類はおそらくマルバマンサク)の小さな花に気が付きました。
この年は雪が多く残っていて一面の雪景色で、周囲には芽吹いている木はまったくありません。
マンサクの花だけが「まず咲く」をしていました。


オオヤマザクラ(バラ科)
4月下旬
氷ノ山ではこの頃にはヤマザクラも咲いていますが、標高800mあたりから上ではオオヤマザクラも咲いています。

オオヤマザクラは花がやや大きくてピンク色も少し濃いので区別できます。





ダイセンヒョウタンボク(スイカズラ科)
4月下旬
この時期の氷ノ山の高い所にはまだ雪も多く残っていて、木々の新緑も見られず全体が茶色っぽい景色です。

そのような中でダイセンヒョウタンボクだけは若葉を出して花も咲かせています。

葉も花も柔らかい感じです。



ダイセンヒョウタンボクはこのような岩場や露岩の周囲で見られることが多い。



やや低い標高900mあたりの岩崖の周囲でも見られます。



5月下旬の実



バイカオウレン(キンポウゲ科)
4月下旬
氷ノ山のかなり高い所の尾根でバイカオウレンの群落を見つけました。

バイカオウレンは低地では沢の水際の岩などで見かけるのが普通だと思うのですが、氷ノ山では沢では見られずにこのような礫がごろごろしている尾根部に生えています。たぶん雪が遅くまで残るためにバイカオウレンの生育に適した環境になっているのだと思います。この日もここから少し上っていくとササが雪に押さえられた雪原になっていました。




この辺りの岩の隙間に点々と生えています。

もっと湿り気があって生育には適すると思える岩崖の下などには見つかりませんでした。



キバナサバノオ(キンポウゲ科)
5月上旬
キバナサバノオは兵庫県では西播磨・但馬の比較的標高の低い所にも生えていますが、ここはかなり高所(氷ノ山では中腹)です。また、全国的に見ても北限に近い生育地(京都府に自生地とほぼ同じ緯度)のようです。

一緒に生えている小さな白い花はワチガイソウ。


サンカヨウ(メギ科)
5月上旬

サンカヨウは登山道脇でも見かけますが、登山道から離れて沢や斜面を歩いてもそれほど多くは見ません。

これは沢を歩いていて見かけたサンカヨウでちょうどきれいに咲いていました。






5月下旬

高所ではこの時期でも雪が残っていて、まだサンカヨウも咲いていました。



ホンシャクナゲ(ツツジ科)
5月上旬
氷ノ山の中腹でホンシャクナゲの群落を見つけました。

ホンシャクナゲは但馬では比較的多いと思いますが、兵庫県側の氷ノ山では今のところここだけです。

鳥取県若桜町側の氷ノ山にはあるようですがまだ見ていません。




カラスシキミ(ジンチョウゲ科)
5月上旬
氷ノ山のの中腹で見られます。

カラスシキミはあまり大きな群落はないようですが、ここでは広い範囲に疎らにですがまとまった個体数が見られます。

氷ノ山の他の場所でも1・2株だけが生えているのに出会うことがあります。

カラスシキミは麓からかなり高所(標高1200m)まで見られました。

カラスシキミは氷ノ山の他に兵庫県中北部で見られますが、よく似た種類のコショウノキは県南部で、ナニワズは県中北部の標高のあまり高くない所で見られます。





6月上旬

カラスシキミの実




氷ノ山の一番高所で見たカラスシキミ 1200m地点


ハナネコノメソウ(ユキノシタ科)
5月上旬
この辺りの中腹にある沢の岩でよく見かけます。

時期が早いためか葯に色が着いていない。

葉や花が小さいのでコケのように見えます。


マルバネコノメ(ユキノシタ科)
5月中旬
氷ノ山の高所に生えている群落です。

独特の葉の切れ込みで、葉が対生であり、茎には毛があるので、わりと私には分かり易い種類です。

波賀町戸倉や鳥取県の若桜方面にも、マルバネコノメがたくさん生えている谷があることが分かりました。





7月下旬 

マルバネコノメの根生葉。


ツルネコノメソウ(ユキノシタ科)
5月中旬
高所の沢が消える源流部のじゅくじゅくに湿った所にぎっしりと生えていました。

この時期には走出枝を網の目のように四方へ伸ばしていて分かり易い。

花の時期の葉は小さいが、実の時期に走出枝の先に着ける葉は大きくなるようです。





波賀町戸倉あたりの比較的低い所でも見かけます。

5月中旬



5月下旬



ヤシャビシャク(ユキノシタ科)
4月下旬
ヤシャビシャクはブナが芽吹き始めるより先に新葉を出すので、ブナの木の高い所に着いているヤシャビシャクでもこの緑色を探すと見つけやすい。


ヤシャビシャク(ユキノシタ科)
5月中旬
ブナなどの大きな木の高い所を探すとヤシャビシャクが見つかりますが、新緑のこの時期にはなかなか見つけにくい。





7月上旬 ヤシャビシャクの実。


ルイヨウショウマ(キンポウゲ科)
5月中旬
私は氷ノ山でもあまり見かけません。

花のない時期には気づかずに見過ごしているようです。


スミレ類(サクラスミレ・アケボノスミレ・ヒゴスミレ)
5月上旬
スミレの会所属のYさんに観察できる場所を教えていただき見に行きました。

スキーゲレンデの近くの草地で、ちょうどツクシがいっぱい出ている時期でした。

他にはニョイスミレ・ニオイタチツボスミレ・オオタチツボスミレ・フモトスミレなどが見られました。


サクラスミレ

サクラスミレを初めて見ました。
花はアケボノスミレに比べて濃い色をしていました。
花弁の先がサクラのようにぺこっと小さくくぼんでいる(すべてではない)。
葉の形も特徴的でした。



アケボノスミレ

淡いピンクの色(桜色)なのでこれがサクラスミレかと思っていましたが、アケボノスミレでした。
花は開いていますが、葉の出かたは遅いようです



ヒゴスミレ

葉がギザギザのスミレ(ヒゴスミレかエイザンスミレ)を見てみたいと思っていたのは、ここで初めて出会えました。

ヒゴスミレは日当たりの良い草原などで、エイザンスミレは林下の半陰地や林縁などで見られるようです。

アケボノシュスラン(ラン科)
4月下旬
中腹の急傾斜の沢の岸に生えていました。

この時期に着けているのは実かつぼみか??


ザリコミ(ユキノシタ科)
5月中旬
高所にはまだ雪が残っている時期ですが、ザリコミは花を咲かせています。

葉が展開するのと同時ぐらいに花も咲くようです。