新規サイト001


雪山登山 3 兵庫のその他(ちくさ・段が峰・蘇武)


 後山連山(千種スキー場〜後山) 雪山登山(山スキー・ワカン)
2000.3.20
春先にしては雪が多く、稜線で1〜2mありました。クラストした上に前夜の新雪が10cmほど積もったところもありました。
 スキーだと逆コースの方が下りが多くて良いと思います。

 8:35 千種スキー場の西のリフト上の登山道入口(11 20m)を出発。

 8:55 ダルガ峰高原の分岐。

 9:35 三角点(1206.4m)のピーク。見晴らしが良 い。南は急斜面のブッシュなので、西のヒノキ林を回って滑る。
 
10:00 大海里谷の鞍部(1130m)。

11:00〜12:00 駒ノ尾避難小屋(山頂は1280m)。 周りは広い雪原で、小屋の入口も埋まっているので窓から入って休憩する。


12:20 鍋ヶ谷山(1253m)。

12:50 船木山への上り。クラストしていてシールが利き にくく、スキーを置いてワカンで進む。

13:15 船木山(1330m)。ここからは雪尻が発達して いた。

13:50 後山山頂(1344.6m)。

14:40 スキーのところに戻り、北斜面のブナ林をスキーで下る。
植林に入ると谷が切れ込み痩せ尾根で滑りにくい。

16:00 林道の飯場跡の所(970m)。ここから車道まで の林道はスキーが良く滑った。

16:35 噴水池の少し手前の車道(800m)。


駒ノ尾避難小屋から舟木山   船木山上りから駒ノ尾
   

2001.1.21  後山(板馬見渓谷から) 雪山登山(ワカン)

前日の降雪のため新雪が深く、ラッセルに苦労しました。上り(島谷コース5時間)、下り(平成之大馬鹿門コース3時間)。途中までトレースがあって助かりました。

 8:20 県道沿いのP(標高370m)から板馬見渓谷の林道を進む(積雪5cm)。

 9:30 林道終点のP(積雪30cm)。

10:15 大馬鹿門コースとの分岐(標高900m)。

10:40 行者コースとの分岐(積雪50cm)。
      新雪が深くトレースもこのあたりでなくなったのでワカンをつけるが、急斜面ではすねの上までもぐる。初めて通るコースなので赤テープを探しながら登る。

11:50 県境の尾根(1170m)。すぐに日名倉山の正午のベルが聞こえてくる。
尾根は幾分歩きやすいが、標高点1250mあたりからラッセル疲れのためかひざの筋肉が硬直して痛く、カイロで温めながら進む。

12:35 後山山頂(1344.6m)で休憩。積雪7〜80cmでほとんどが新雪。(写真)
大馬鹿門に向けて傾斜の急な尾根道を下る。

14:10 大馬鹿門(1095m)。
ここから杉林の道を下るが、時々赤テープを見失い時間をロスする。

15:20 標高900mの分岐。

15:45 林道終点のP.

16:30 出発地点。

後山山頂

ちくさ三国ヶ山=天児屋山 (雪山登山)山スキー
2001.1.28  
兵庫・岡山・鳥取の3県の県境から2km東に位置する標高1244.2mのピークです。
 前日にふった雪は軽くて快適でしたが、県境尾根のブッシュはきついところもありました。

 8:10 千種スキー場から林道を北へ峰越峠までたどる。峠から東の谷へ下り、さらに東へ枝谷を上ると標高点1029mあたりで林道に出た。
林道を江浪の方に進み、その終点から北東に上っていくと県境の尾根(1128mの少し東)に着いた。(途中でビンディングの調整に手間どる)
東へ進むとブナ林の中に山道があり、前日に通ったらしいスキーの跡もあって驚いた。
山頂までには雑木のブッシュのきつい所もあった。

11:15 三国ヶ山山頂(1244.2m)に着く。
平凡な山頂だが、氷ノ山・三室山・後山・沖ノ山・東山や西河内の谷が見渡せれて景色はすばらしい。気温4度で風があって寒い。

12:45 江浪峠に向けて西へ引き返す。

13:45 3県の県境(1120m)近く。
このあたりは細かな起伏や枝谷が多く、県境尾根を南下していくと密植の植林があり、最後の峠へのくだりは急で、この帰りのルートは快適ではなかった。

15:40 峰越峠の林道(1030m)。

16:00 出発地点。

  写真左:峰越峠から見た左が三国ヶ山、右が三室山。
  写真右:山頂近くの稜線
   


三室山(大通峠より)雪山登山
2005.2.12


三室高原野外活動センターから長い林道を歩き、大通峠に出て、ゆるやかな県境の稜線をたどって三室山頂に登るコースです。難点は野外センター跡入り口から大通峠までの林道が長いこと。

 無風の曇り空で時々小雪が降り、気温も低かったので昼になっても雪はべとつかなかった。
  積雪は下で50cm、稜線で1.5mほどで、よく締まっていてその上に5cmほどの新雪が積もった状態なのでほとんど沈まず、スノーシューでの歩行にも最適の条件で、スキーもよく滑った。


 8:45 三室高原野外センター跡入口の車道(620m)。 峠までの林道はスキーで歩いたが、雪質が良くて歩きやすく疲れないが、ちょっと距離が長い。

11:00〜10 大通峠(1030m):県境の切り通しに着く。写真:右へ上ると三室山方面。
 少し上った所でスキーをデポして、スノーシューにかえる。


県境稜線は兵庫側(南)はヒノキの植林がせまっているが、鳥取側(北)はブナと雑木の自然林が残されている。小さなゆるいアップダウンがあるが、ほとんどが開けた稜線なので歩きよい。



12:15 標高点1145あたり。写真3 風が強いためか北の雪が飛ばされて笹が出て、南には雪尻が発達している。 



少し行くとスキーゲレンデのような広い斜面に出て、三室山頂への上りになる。


写真は振り返った県境稜線で右遠方は三国ヶ山1244m。写真6は最後の登りで、傾斜は少しきついが、ブナの古木が点在する広くて気持ちが良い斜面です。




12:50〜13:10 三室山頂1358m。
だれかが短いスキーで登って来ていたらしいが、私が着いてからはだれも来ず、ちょっと寂しい。しばらく樹氷に見とれてから同じコースで下山する。


14:20〜30 大通峠。ここからの下りの林道ではスキーが威力を発揮し、一部手で漕ぐ所もあったが快適に林道を滑る。

15:15 車着。

三室山 雪山登山ワカン    
2006.3.11

ようやく時間と気持ちに余裕ができたので、久しぶりの雪山に行ってきました。

 しかし最近の運動不足でバテバテで時間がかかりました。
 たぶん上りが3時間半ぐらいで、下りは1時間45分ぐらいだったと思います。(植物観察もしながらでした。)


 雪はまだたっぷりで野外活動センターのすぐ横から雪道です。そこからまっすぐ上っていく長い車道部分が単調なので一番疲れました。
 山道に入ると歩きよいのですがそれでもワカンで踏み抜く所が多く、植林帯を過ぎたあたりからは雪もよく締まっていて(体も慣れてきて)快適でした。
野外活動センターの駐車場から見た三室山。左の植林帯の尾根を登りますが、テープはやや見つけにくくトレースを頼りに(適当に)登りました。



まっすぐ上っていく長い車道部分。一時間ほどかかってしまい疲れました。


植林帯が切れるあたりから見た右側が三国山(天児屋山)で、その右遠方が沖ノ山。


山頂近くの尾根。雪はたっぷりあります。


山頂から眺めた県境尾根と、遠方左が氷ノ山、右が赤谷山(赤谷の頭)。

 フトウガ峰(生野高原、段が峰)雪山登山  
2005.3.6

0:25杉谷登山口(フトウ谷橋)→10:30杉谷林間コース分岐→12:15〜50フトウガ峰山頂・岩頭→14:00登山口(車)

 この日はSさんと別の山に登る予定でしたが、予想外の寒波で大幅に変更し、犬のココを連れて久しぶりに段が峰方面に登りました。
 ゴルフ場先の林道は新雪が自動車の腹をするほど積もっていましたが、どうにか杉谷登山口まで入れました。(私は雪山の時もいつもは沢コースを通ります。)

 林道登山口から沢の右岸を5分ほど進んだ沢を渡る手前には、左の杉林へ登る「林間コース」という新道ができていてトレースもあったので、試しにそちらにコースをとりました。まさしく杉植林の林間をギザギザと登っていくコースで、尾根に出て初めて雑木が現われました。

 登り切った先のゆるい鞍部の所で、以前からある「沢登りコース」と合流し、いつもの尾根を通ってフトウ分岐の稜線に出ました。

 下では風もなく晴れていましたが、稜線はガスとやや強い風が吹いていて段が峰までのピストンはやめることにし、久しぶりに右へフトウ山頂の方まで歩いてその先の岩頭まで行ってみました。
 岩頭の陰で風を避け、今後の計画を相談しながら食事休憩をしました。
下山は「沢下りコース」を下りました。このコースは「林間コース」ができたのであまり通られなくなりそうですね。
 車で帰ろうとした時、犬のココはまだ帰りたくないと車に乗ろうとせずに逃げ出しました。



林間コース50分、沢登りコース90分の標識。


沢コースの上部植林にて。


フトウの山頂。低いアセビの木と短い笹だけの広い吹きさらし。


岩頭。


蘇武岳(一泊)雪山登山
2005.3.29・30 


この冬最後のチャンスと思いNさんと登りました。

 雪中泊は久しぶりで、これまでは寒い思いをしてツェルトでしたので、暖かくて広い(?)テントは初めてでした。

1日目
9:45名色スキー場下→(ゲレンデ)→12:10〜30備前山→14:10稜線(朝日コースに合流)→15:00テン場(蘇武山頂北100m)

車1台をR9沿いの耀山(かかやま)に止め、もう1台で名色に移動して、名色ゲレンデ下(標高300m)を出発。
この時期はリフトは止まっているので、雪たっぷりのゲレンデを単調さに耐えながら2時間半かけて備前山(797)に着きました。
小休止のあと、ワカンで雑木・ブナの尾根(写真1)を1時間40分で稜線の朝日コースと合流するピーク(990m)に登りつき、そこからは気持ちの良いブナ林のゆるい稜線で、50分ほどで蘇武岳手前(1040m)に着いて、テントを設営しました。(写真2)

 そこはミニ二重稜線のような所なので、風が当たらず、すぐ横からは山頂や扇ノ山方面の景色も良く見える絶好のテン場でした。

写真1


写真2



2日目
9:05テン場→15〜30蘇武山頂→(稜線を通る)→12:00〜15金山峠→(林道を下る)→13:40車(耀山の女郎滝)

5時ごろに起きだすと、風も幾分おさまり、雲の隙間も見える天気で、間近に蘇武山頂が見え、遠く西方に扇ノ山・青ヶ丸・仏ノ尾が望めました。


ゆったりとした朝をすごし、9時すぎに出発。
蘇武山頂(1074.4m)から金山峠(760m)へは、ほとんどが下りの広い尾根で、雪原状のところや古いカラマツの植林のある、スキーなら快適そうなコースでした。

遠方は妙見山。


振り返った蘇武方面。


蘇武から金山峠に南下する場合は、東への短い支尾根や、カラマツ林の広い平坦部が数箇所あり、うっかりすると稜線をはずしやすいので、ガス・吹雪の時には要注意です。
 特に林道に展望休憩所のある所のすぐ南は、二重山稜になっていて、東への派生した尾根が立派すぎ、本尾根が消えた状態なので迷うと思います。


二重山稜の間の谷で、左が大きな枝尾根。


金山峠には予定通りの12時に着き、牧場の中を近道しながら、車をデポしている耀山の女郎滝(400m)まで林道を下りました。


雪はたっぷりありましたが、もうすっかり春山で、尾根や稜線にはマンサクの花が最盛期でした。

 



このページの先頭へ