新規サイト001

東播磨南部(小野市・加東市・西脇市)

セッコク(ラン科)・マメヅタラン(ラン科)

加東市(東播磨)でセッコク・マメヅタラン・ムギランが着いた流紋岩質の岩場を観察しました。
セッコクは東播磨では初めての自生地の確認です。
左の岩にコケのように着いているのはマメヅタラン(一部はコケそのもの)で、この周囲の岩場ではツメレンゲ・イワヒバも見られました。


後日、加東市内の数キロメートル離れた別の岩場でもセッコクの小群落が見つかりました。


こちらは加東市内の尾根上にある別の岩場で写したマメヅタランの群落。
西脇市内の岩場でも見つかりました。