新規サイト001

氷ノ山の植物 その1 (全ての季節の中から)


イワギク(キク科) 鳥取県

7月に初めて目にした時のイワギクの根生葉。
ヨモギのような???? 
気になったので調べたが何なのか分からなかった。


9月に開花したイワギク
後日再訪して白いキクの花が咲いているのを確認した。
図鑑に載っているものよりも葉の切れ込みはかなり深いが、花の様子からイワギクであると分かった。

国内のイワギクは本州・四国・九州に隔離分布していて、寒冷期の残存植物と考えられている。
産地によって葉の様子に違いがあるが、この場所のイワギクの葉の切れ込み方は特別深いようである。


9月上旬の開花直前のつぼみ。




ザリコミ(ユキノシタ科) 兵庫県

他府県にはあるようですが、兵庫県では最近になって初めて見つかったユキノシタ科の木です。
岩の周囲の明るい所で見つかるのではと思って探していましたが、最初に見つかったのは、意外にも急斜面のやや陰になった湿った樹林下でした。



5月中旬
春になると、葉が展開してすぐに花を咲かせるようです。


6月上旬


夏には実は赤くなる。


芽生え


ウスユキソウ(キク科) 兵庫県・鳥取県

2007年秋に兵庫県で初めて見つかったウスユキソウの株。



翌年の夏に兵庫県で見た開花株。



8月上旬の花(鳥取県側)


露岩に着いたイワギク(鳥取県側)



イワギリソウ(イワタバコ科) 兵庫県(但馬)

氷ノ山山域では初めての観察だと思われます。
白い毛があってふさふさと柔らかい手触りで、意外と日当たりのよい乾いた岩に生えていました。


7月中旬になってやっと花が観察できました。標高が少し高い自生地のためか花期は遅いようです。


7月上旬:数年後に訪れると、少し離れた所には比較的たくさんの株があり花も良く咲いていました。





扇の山の岩場でもイワギリソウを見ました。
岩に土や苔がよく着いているためか、葉の大きな株も見られます。



ヤマキケマン(ケシ科) 但馬

傾斜がかなり急な岩崖を観察していて見つけました。
沢近くに生えているミヤマキケマンと比べると花の色が淡いので、ひょっとしたらと思って近づいて確かめると、独特のねじれた形の実が確認できました。

兵庫県では3か所の記録がありますが、現存が確認されているのはその内の1か所だけのようなので、これが兵庫県で現存している2か所目の群落になるのかもしれません。(後の2か所は残っているか調べて見る必要があります。)


これが最初に見た株で、危なくてとても近づけない場所です。
草は生えていても木の少ない日当たりの良い岩場で、岩崖は下の方まで続いています。


モミジカラマツ(キンポウゲ科)

500uぐらいの草斜面にモミジカラマツがぎっしりと生えています。花茎をつけている個体は少ないです。
千株はありそうで、他にはメタカラコウ・シモツケソウ・オニシモツケ・ヤグルマソウがわずかに生えているだけのなんとも不思議な場所です。500uぐらいの草斜面にモミジカラマツがぎっしりと生えています。花茎をつけている個体は少ないです。






5月下旬 標本用につぼみが着いた株を採集した



6月に開花(自宅で咲かせた標本用の株)



7月下旬

現地の自生地では夏になると鹿が侵入して花部や葉を食べ尽してしまいます。

後から出てきた小さい葉が株元に少し残るだけになります。





ミヤマビャクシン(ヒノキ科) 鳥取県側
4月12日
鳥取県でミヤマビャクシンを初めて見たのは、2004年の10月鳥取県琴浦町での沢登りの途中でした。その時は鳥取県では未確認の種類であることを知りませんでした。



沢登りの時に写していたミヤマビャクシン(琴平町)


後日行ってみると、険しい岩場に点々と生えているのが確認できました。
ここに近づくには、稜線からひどいブッシュや急斜面を通って下らなくてはならず、観察を終えて引き返すのも大変でした。
あまりにきついので、登り返す時には「こんなにしんどいのなら、戻るのを諦めてここにずっと居ようかな!」と思うほどでした。


4月下旬
鳥取県東部(氷ノ山山域)の自生地
こちらは県東部のミヤマビャクシンです。
ここにあるらしいことは以前から知られていたようですが、なにせ険しい岩場の高所なので近づけず、本種であることが確認できていなかったようです。
ロープも使って何とか近づき、写真を撮って確認することができました。
4月下旬で、ちょうど花も着いていました。






ミヤマヌカボ(イネ科)
ごく目立たないイネ科の草ですが、長い間氷ノ山での生育が確認できないでいた兵庫県では極めて希少な種だそうです。

下の写真のかなり離れた2つの岩場で生育が確認できました。
7月中旬


8月上旬



ウラジロウコギ(ウコギ科)
9月下旬
氷ノ山の鳥取県側にウラジロウコギの生育地の調査に同行しました。
岩崖に生育していていました。
以前は岩崖下の斜面にも株があったようですが、鹿の食害で消えたようです。
コシアブラと似ているが、太い幹がなく、葉がすっきりした感じで、実がまとまってついているのが違っています。
ここは火成岩(たぶん安山岩)なので、これまで言われていたような石灰岩地だけに生育するのではなさそうです。


実が着いておればコシアブラと見間違うことはなさそうです。


エゾノヒメクラマゴケ(イワヒバ科)

鳥取県側には群落があるということなので現地を見て、後日似た環境の岩場を探してみたら兵庫県側でも見つかりました。

見つかったのは写真のような小さな群落だけでしたが、大きな岩場なので他の場所にも見つかるかもしれません。



ヒメクラマゴケよりもかなり小さい葉で、胞子を着けた細い枝がまっすぐ立ち上がっていました。
エゾノヒメクラマゴケは亜高山に生え低い所には見られず、西限は鳥取県の大山とされています。
大山には比較的たくさん生えているそうです。


標本。



ミヤマイワスゲ(カンサイイワスゲsp)(カヤツリグサ科)
6月中旬 氷ノ山
氷ノ山高所の険しい尾根の岩場です。狭い岩棚を這うように近づいて写しました。

博物館のK先生によってミヤマイワスゲと同定されました。

カンサイイワスゲと同じものと考えてよいのか、私にはよくわかりませんが、同じものなら兵庫県での2番目に見つかった群落になるようです。




このページの先頭に戻る