新規サイト001

直近の観察:2017年1月〜
キヨズミオオクジャク(オシダ科)
11月上旬  但馬南部
この谷の少し上流で多く見るイワへゴ?とは少し違ってゆったりと大きいように見えて取り合えず採集した株です。
博物館で見てもらってキヨズミオオクジャクだろうということになりました。
兵庫県では現状不明状態の種類です。



アスヒカズラ(ヒカゲノカズラ科)
11月中旬 播磨北部
天候が回復したので行ってみました。
10年ほど前に見たよりも数十倍の広さに広がっていたので、消えていなくて安心しました。


不明の雑種(チャセンシダ科)
氷ノ山山域 10月下旬
氷ノ山で1か月前に見たハゴロモコタニワタリ(トラノオシダ×コタニワタリ)とはちょっと違う雑種が見つかりました。
片親はコタニワタリのようですが、もう一方の親が分かりません。
近くにトラノオシダは見つからないが、チャセンシダ科としてはチャセンシダとコバノヒノキシダがありました。
葉の切れ込みや葉柄の色などがチャセンシダに似ているので、(チャセンシダ×コタニワタリ)かなと思いますが・・・? この組み合わせは検索しても出てこない。
博物館のS先生に写真を見てもらったところでは(チャセンシダ×コタニワタリ)でよさそうです。

標本を詳しく調べてもらうことにします。



この時期では軸に翼があるのかないのか分からない。来年の夏に確認します。







  
コタニワタリは1株だけ。少し離れた所には多数。

 
チャセンシダはたくさんある。                   コバノヒノキシダもだいぶんある。

スギラン(ヒカゲノカズラ科)
氷ノ山 10月下旬
(最近は週末ごとに天気が良くないので、思い切って平日に行ってみました。)

久しぶりに出会ったスギランです。
日当たりは良いが湿気があってコケの良く着いた木の幹に生えています。


ミヤマシシガシラ(シシガシラ科)
氷ノ山 10月上旬
久しぶりに以前見つけていたミヤマシシガシラの生育地を通りました。
神経を使い、体力と気力が要るかなり険しいルートです。
コケの着いた湿った岩にたくさん生えていますが、胞子嚢葉を出している株は少なかった。


この写真に写っているだけでもかなりの株数です。
ササの落ち葉やトウゲシダよりも小さい株がほとんどでした。




ホソバコケシノブ←ヒメコケシノブsp(コケシノブ科)
氷ノ山 10月上旬
険しいルートをたどった先にある高所の岩場に生えていた。
初め胞子嚢が見つからなかったのでヒメコケシノブかもしれないと思っていたが、採っていた標本を調べてみると少しだけ胞子嚢を着けていた。
葉の先端部だけでなく軸の近くにも着いていたのでホソバコケシノブであることが分かりました。
高所で見たのは初めてで、本種がよく見られる環境とは違っているようです。




↓ 後日、やや麓に近い急斜面で見た群落です。



ミヤマニガウリ(ウリ科)
9月中旬 氷ノ山
車を止めた林道脇に繁茂していました。
花盛りで特徴的な実もできていました。





ハゴロモコタニワタリsp(チャセンシダ科)雑種
9月中旬 氷ノ山
奇妙なシダが1株見つかりました。
周囲にたくさんあるコタニワタリに似ているが葉に切れ込みがあることから、コタニワタリと近くにある同じチャセンシダ科のトラノオシダとの雑種だろうと思いました。
ネットで調べるとハゴロモコタニワタリ(トラノオシダ×コタニワタリ)があったのですが、雑種の画像は見つかりませんでした。

博物館のS先生に見てもらってハゴロモコタニワタリであると分かりました。




ハゴロモコタニワタリは1株だけ。
コタニワタリとトラノオシダは写真には少しだが周囲にはたくさん。




シケチシダ(イワデンダ科)
9月上旬 氷ノ山
標高の高いところ(1200m余り)の稜線近くの谷にシケチシダの群落がありました。
普通は低所に生える種類のようですが、氷ノ山の麓ではまだ見ていないのに高所で見つかるのが不思議です。
(氷ノ山では普通種によっては麓では見られずに、高所だけで見つかる種類もあるようです。)


群落は大きく、胞子嚢もよく着けていました。
鹿による食害はないようで、他の植物が食害されたために増えたようです。



ヒメコケシノブsp(イワヒバ科)・エゾヒメクラマゴケ(クラマゴケ科)
9月上旬 氷ノ山 
ヒメコケシノブsp(イワヒバ科)
ホソバコケシノブまたはそのヒメコケシノブのタイプかと思われる群落です。
胞子嚢はやや葉先に集中しているようです。
まだ専門家に見てもらっていないので不確かです。

見てもらったところヒメコケシノブで良さそうです。


その群落は写真の手前のコケの中に、少し奥にはコケシノブの群落がありました。



エゾヒメクラマゴケ(クラマゴケ科)
7月下旬に見つけていたエゾヒメクラマゴケのところってみると、胞子嚢はまだ残っていました。

ミヤマイワスゲ(カンサイイワスゲ)(カヤツリグサ科)
6月上旬 氷ノ山
専門家の先生に見てもらったところミヤマイワスゲ(またはカンサイイワスゲ?)と分かりました。
狭い岩棚を這って行くような険しい岩場です。


キシダマムシグサ(サトイモ科)
9月上旬 三木市
三木市内に1株しかないキシダマムシグサの株(自生地の西限)です。
何とか守りたいと思って神戸市の株の花粉を人工授粉しました。
果たして種子ができているのかまだわかりません。(種子ができていなくて子房だけが膨らむことがあるようです。)


セイタカシケシダ(イワデンダ科)
9月上旬 三木市
数年前に標本を採って博物館でセイタカシケシダと同定された群落です。
その時は生育状況を見ていなかったので、今回確認してきました。
谷のやや薄暗い薮の中に2つの群落・計20株ほどが見られました。

1つの葉のサイズを測ってみると、長さ72p(葉身が32p・柄が40p)でした。
他の葉でも葉身と柄の長さがほぼ同じぐらいでした。

セイタカシケシダは東播磨南部ではここだけでしか見つかっていませんが、目立たないシダなので探せばさらに見つかってくる気がします。





鹿による食害(氷ノ山) 8月

沢沿いにある岩です。
小さな岩の上だけに灌木とシダの薮が残されていました。しかし、この岩にはチシマザサは見られませんでした。
今裸地になっている地面にも10年ほど前まではこのような灌木とチシマザサが茂っていて薮になっていました。



ここ10年ほどに間に、ササや灌木の薮から裸地に近い状態に変わってきました。
現在は立枯れたチシマザサの稈と地表にも朽ちた稈がたくさんあり、探せば少しの葉を着けて弱っているササがあるだけになっています。
また大きな樹木は多く見られますが、幼木や若木はほとんど見られ無くなっています。
この変化はササの筍や芽生えた幼木が鹿によって食べ尽されていることが原因のようです。

このような裸地の状態は沢から離れたスギ植林の斜面や標高の高い稜線近くの平坦地などでも見られます。
灌木や笹の薮が昔の状態で残っているのは、鹿が近づけない険しい崖地だけになってきています。

氷ノ山山頂近くの斜面のブナ林の林床でもチシマザサの筍の多くが鹿によって食べられており、若い稈が見られなくなって笹薮がかなり透けた状態に変わってきているように見えます。
何年か先には山頂付近でも下の写真のような状態になり、チシマザサだけでなくブナなどの幼木・若木の全く無い林に代わっていくのではと心配です。老木だけの林になり、その後は・・・?

今すごい勢いで増殖している鹿もその内に減少に転じるのではないかという気がしますが、その間に多くの種類の植物や樹林が氷ノ山から消滅してしまいそうです。



ホテイシダ・ミヤマノキシノブ(ウラボシ科)
8月下旬 氷ノ山
標高が1000mを越える辺りに生える大きな木に、たくさんのミヤマノキシノブ(左)とホテイシダ(中央)が着いていました。
これはミズナラの大木の横に伸びた太い枝で、高さが7mほどの位置です。
まるで高い所からたくさんの目で覗かれているような感じです。


ミツデカエデ(ムクロジ科)
8月中旬 氷ノ山麓
氷ノ山の麓の林道脇の標高600m(上にある農地への道)に生えていました。
氷ノ山には少ないですが点々と生えているようです。
標高600mと標高850mでは写真のような細い枝の株で、標高750mは成木だが雄株らしくて実は着けていませんでした。


土手は草刈で刈られている。



コバノヒノキシダ(チャセンシダ科)
8月中旬 氷ノ山麓
チャセンシダに混じって生えていました。
へこんだ中軸の中央が盛り上がっていたのでイワトラノオではなくてコバノヒノキシダのようです。


エゾノヒメクラマゴケ(イワヒバ科)
7月下旬 氷ノ山
鳥取県側にあるので兵庫県側にもないかと思って探してみたら、だいぶん離れた所の岩場で見つかりました。
20p四方ぐらいにぎっしりと生えている小群落でした。
この岩場は大きいので見えない所にも生えているのかもしれません。


狭い範囲ですが密生した状態で胞子嚢もたくさん出ていました。





オオモミジガサ(キク科)
7月下旬 小代渓谷
沢に沿った崖に多く生えていてちょうど花も咲いていました。

葉だけの時は何なのかちょっと迷いますが、花期には長く伸びた花茎に黄色ぽい花を横向きに着けているので分かり易い。







ヤマアイ(トウダイグサ科)
7月中旬 氷ノ山
標高800〜900mの2か所の林道法面で群落が見つかりました。


7月下旬になってようやく開花しました。
標高が高いためかかなり遅れて開花し、多くの株は花を着けていません。
株数は多くあるので年によってはたくさん咲いているのかもしれません。


オオイタドリ(タデ科)
7月中旬 氷ノ山
5月下旬に見たオオイタドリが花を咲かせていました。
植樹した時に土と一緒に種子が持ち込まれ発芽してできた群落のようです。

これは茎の先に近い葉ですが、下の方に着いている葉はもっと巨大でした。

キャンプ場の対岸にはぎっしりと生えて大きな群落をつくっていました。斜面の少し上の方まで広がっています。
自生のように見えますが、これより上流にはないのでやはり元からの自生ではなさそうです。


マンネンスギ(ヒカゲノカズラ科)
7月上旬 氷ノ山(兵庫・鳥取の県境)
昔に見つけていたマンネンスギの様子を見に、県境の稜線にある広い平坦地に行きました。
遠方に写っている湿地状の草地とその周囲にあるヒノキ植林の広い範囲に点々と生えています。
樹木が大きくなりササがなくなるなど環境がだいぶん変わってきていて、株数は少し減ったように思います。


草地周辺ではヒカゲノカズラと混生している。


ヒノキ植林や自然林の下ではトウゲシバと一緒に生えている。

ジキタリス(ゴマノハグサ科)・ツキノワグマ(ほ乳類)
7月上旬 氷ノ山(兵庫・鳥取の県境)
人里から遠く離れた標高1200mほどの県境稜線の草地に、ヨーロッパ原産の園芸植物であるジキタリスがたくさん生えていてちょっとびっくりです。
冷涼なこの場所では自然繁殖して増えてきているようで、目にしただけでも50株以上ありました。
(関ノ宮町側の高所の山中にある草地斜面にもたくさん生えていました。)



草地から植林地に戻って歩き始めてすぐに、20m足らず先にツキノワグマがいるのに気がつきました。
腰のスズを鳴らしながら歩いていたので逃げて行ってくれると思ってしばらく(数秒)待っていたのですが、倒木の幹の虫を夢中になって探しているらしく気づいてくれる様子はなさそうでした。
しかたなく写真を1枚(ズームにするだけの気持ちの余裕はなし)だけ写して引き返し、先ほどのジキタリスの草地から大きく迂回して上方へ向かいました。

上方に行って湿地状の草地の植物を調べていると、下方40m?あたりからがさがさとヤブをかき分けて先ほどのクマが近づいてくるらしい音が聞こえてきました。
今度は持っていた笛を何回か鳴らすと、下方へ去っていく音がしてほっとしました。

教訓は、
もっと近づいてから互いが気がついた場合はかなり危険。
鈴の音では何かに夢中になっているクマに気がついてもらうことは難しい。クマがいそうな地域では、時々笛を鳴らしたり木をたたいて音を出すなどして、互いに姿が確認できる前にクマに人がいることを知らせることが必要。
ヤブの中ではよほど近づかない限り互いに姿を見つけることは難しい。音も自分ががさがさと音を立てて進んでいる時は相手の音には気づきにくい。
(ずっと昔のことですが、六甲山でイノシシに出会ったときは、5mほどに近づいた時にイノシシの方が先に気がついてすっとんで逃げて行ってくれました。)




イワギリソウ(イワタバコ科)
7月上旬 但馬
他の植物を探しに来たついでに寄ってみると、以前に見つけていたイワギリソウの花がちょうど見ごろに咲いていました。




キソチドリ(ラン科)
7月上旬 氷ノ山
沢を下っていて岸の岩に何かが生えてると思って近づいてみるとラン科でした。
最近は目が良く見えておらず、よほど近づかないと何なのかが分からないのです。
キソチドリは以前は高所の草地などで見ていたのですが、シカの食害で見られなくなったので久しぶりの出会いです。


サワルリソウ(ムラサキ科)
6月下旬 氷ノ山
昨年見つけていた大きな群落です。
これまで実の時期にしか行ってなかったので、花を見たのは初めてです。


エゾノヒメクラマゴケ(イワヒバ科)
6月下旬 氷ノ山 鳥取県
ちょうど胞子葉をまっすぐに立ち上げていて胞子もできていました。
兵庫県側でも探していますがまだ見つかりません。
鳥取県の大山が西限のようです。


西限のキシダマムシグサ(サトイモ科)の人工授粉
三木市のキシダマムシグサは2株だけ(年によってどちらか一方だけが現れるので、2株を同時に見られた年はこれまでありません。)が確認できていて、それは日本で西限の群落であると思われます。今年は人工的に受粉させて種子をつくらせ、株数を増やす試みをしています。

三木市ではこの場所で2007年4月に1株だけが最初に見つかりその後不明になっていました。
2015年に同じ場所で1株の生育が再確認されました。その株は雌株で次の2016年にも確認できましたが、雄株が無いために受粉できずに不稔でした。
2017年になると2016年に出ていた株は休眠しているのか現れませんでした。それに代わって数メートル離れた所に別の1株が現れました。この株も雌株でした。
したがってこの場所には今年は休眠している1株と今年出ている1株の計2株があり、2株ともに雌株であるようです。

同じ年に1株ずつしか現れずしかも2株ともに雌株の状態なので群落内で繁殖できない状態です。またキシダマムシグサは芋をつくりにくい種類なので、芋で栄養繁殖させることもかなり難しそうです。
このままではいずれは群落が消滅してしまうと考え、一番近い帝釈山地の群落の雄株の花粉を受精させて種子をつくらせることにしました。
(ここの群落と帝釈山地の群落の遺伝子が混じってしまうことになりますが、消滅させてしまうよりはベターと考えました。)
(組織培養という方法もあると思いますが私にはその技術はなく、もし失敗すれば消滅ということになります。)


2017年に現れた雌株に帝釈山地に生えていた株の花粉を受粉させました。

2017年4月16日 雌株(2016年の株とは数メートル離れた地点に出てきた。)



2017年4月16日 
前年に帝釈山地から採ってきて鉢植えしておいた雄株。                     受粉させるために切り取った雄蕊。
         


2017年5月3日の様子
まだ受精が成功したのかどうかは不明。




2017年6月23日の様子
実が少し大きくなり固くなっていました。受精は成功したのかな?
実が熟して種子が取れたら専門家に播種・栽培を依頼するつもりです。


キミズ(イラクサ科)
6月中旬 西播磨
兵庫県では珍しいキミズの調査に行ってきました。
1月に見た時に、どうみてもイラクサ科の葉をしているが冬でも葉を着けていて茎が木質であるので不思議に思った植物です。
サンショウソウに近い種類のようで、一か所の群落の周囲にはサンショウソウも生えていました。

コケが着いているがしかし乾き気味の岩で見られました。
近くにあるシシラン・ヒトツバ・ヌリトラノオなどのシダが多く着いているやや湿った岩には見られませんでした。


岩の上部のコケの着いていないより乾いた所には大株が多いが、周囲には小株はあまり見当たらない。



氷ノ山高所で見られるベンケイソウ科(メノマンネングサ・ヒメレンゲ)
6月中旬 氷ノ山
氷ノ山の高所のおよそ標高1200m以上で見られるベンケイソウ科はこの2種類だけのようです。

↓メノマンネングサ
露岩の上の風衝作用がきつく乾くこともある場所の個体は、矮性化して葉が小さく詰まり気味について紅葉しています。
一見してミヤママンネングサのように見えますが、同じこの岩の下の方に行くにしたがって緑色の葉の普通のメノマンネングサになっていきます。
本種は氷ノ山ではこのような高所の岩にだけ見られます。


↓ヒメレンゲ
ヒメレンゲがようやく咲き揃いました。
ふもとの集落の近くや中腹の沢でも見られて4月下旬ごろには咲き始めるのですが、標高の高いこの場所は一か月余り遅れています。


氷ノ山高所の鹿による食害
6月上旬 氷ノ山
氷ノ山の岩崖帯下に広がる広い草地です。
昨年までにナンゴククガイソウやチョウジギクなどの高茎の植物のほとんどが食べ尽されて、シカの食べないバイケイソウとナツトウダイなどだけがすこぶる元気に残っていたのですが、今年行ってみるとほとんどのバイケイソウ・ナツトウダイの葉と茎がかじられており、生えていたシダ類も見られなくなっていました。
シカの食害に遇う対象の植物は次々と変わっていくようです。
チシマザサの薮の中でも多くのネマガリタケが食べられていました。


↓バイケイソウ


↓ナツトウダイ


ダイセンヒョウタンボク(スイカズラ科)
6月上旬 氷ノ山
ダイセンヒョウタンボクは岩崖や露岩に生えているふわふわと柔らかそうに見える比較的大きな葉なので、あればすぐに目につきます。
ここは高所ですがふもと近くでも見つかると思います。


ヒノキ(ヒノキ科)
6月上旬 氷ノ山
高所の険しい岩尾根に生えていました。
近づくのも大変でロープを持参していなくて残念でした。


環境の影響か麟片が小さく詰まっていて、気孔群の白いY字形も目立ちません。
ひょっとしたらクロベかと思ったのですがそうではないでしょう。


ヒメエンゴサク(ケシ科)の実
6月上旬 氷ノ山
ヒメエンゴサクが沢岸にどっさりと生えていて花が見えなかったので実を探しました。


イワハタザオ(アブラナ科)
5月下旬 氷ノ山
氷ノ山の高所の岩崖に生えています。


同じ岩崖でも場所によっては実になっていました。



ヒトツボクロ(ラン科)
6月上旬
以前見つけていたヒトツボクロの花を見に行きました。
まとまった株数がありちょうど花も咲いていました。


ヒダボタン(ユキノシタ科)
5月上旬 氷ノ山
果実期のヒダボタンです。


ヨウラクラン(ラン科)
5月下旬 西播磨
昨年秋に見つけていたヨウラクランの所に寄ってみました。
開花には少し早かったようです。


株を傷つけないように気をつけながらなんとか標本を採ることができました。

モミジカラマツ(キンポウゲ科)
5月下旬 氷ノ山
モミジカラマツの大群落があった所ですが、数年前から鹿の食害によって生育が確認できなくなっていました。
消滅してしまったかと心配していましたが、今回行ってみると無数の小さな葉が出ていて安心しました。
しかし、これらの株も少し葉が大きくなるころには鹿に食べられてしまうかもしれません。




この斜面の下の崖にはやや大きな葉の株も見られます。
急傾斜なので鹿も食べることができずに残った株なので、これらは花を咲かせて実を着けることができると思われます。




ヒメサジラン(ウラボシ科)・フクロシダ(イワデンダ科)
5月下旬 氷ノ山
↓ヒメサジラン
氷ノ山でも岩崖にできた隙間ではヒメサジランが見られます。
厳しい冬の季節でもこの隙間の中でなら生育していくことができるようです。


↓フクロシダ
フクロシダが岩崖の下部にたくさん着いています。
黄緑色が綺麗で自然の中に生えているのを見つけると何となく嬉しい気分になれるシダです。
秋の紅葉した姿も綺麗です。

コケシノブ・ヒメコケシノブsp(コケシノブ科)
5月下旬 氷ノ山
氷ノ山山域の高所で観察しました。

↓岩崖の隙間に生えているコケシノブはかなり小さい。


↓岩場の少し日当たりも良い所ではやや大きい葉になっている。



上の写真のコケシノブの群落から数メートルの所の群落です。
同じ環境ですが、こちらは何となく?ですがホソバコケシノブのような雰囲気もありました。
ひょっとするとこれがヒメコケシノブかな?(シダは苦手なのでまた違っているかもしれません)


チシマネコノメソウ(ユキノシタ科)
5月下旬  氷ノ山
氷ノ山山域高所の岩崖の隙間に生えているチシマネコノメソウです。
コケの中に生えているためかあまり花を咲かせずに走出枝を盛んに伸ばしていました。
岩崖下の土壌のある所では普通に花を咲かせすでに実になっていました。
この岩崖下の斜面にはいたるところにツルネコノメソウとマルバネコノメが生えていてチシマネコノメソウもいくらかあるが、それ以外のネコノメソウ属の種類は少ないようです。



マルバネコノメ・チシマネコノメソウ・ツルネコノメソウ(ユキノシタ科)
5月下旬  氷ノ山(関宮町)
気になっていた氷ノ山の谷を歩いてみると思った通り数種類のネコノメソウ属が見られました。
多くのネコノメソウの種類は花を終え実になっていたので、来年のもう少し早い時期にどんな種類なのか観察してみます。

↓マルバネコノメ
沢岸に点々と見られました。開花中。
茎に疎らな毛、葯は黄色、特徴的な葉の鋸歯。


↓チシマネコノメソウ
多くはないが沢岸のところどころに見られました。開花中もあるが、実になっている株もあった。
この後に行った近くの別の沢の支流では大きな群落が見られた。
葯は鮮黄色から汚紅色、特徴的な葉の形。


特有の細い走出枝を伸ばし始めている。



↓ツルネコノメソウ
小群落が見られた。もう少し上流にはもっとあるかもしれない。
黄色い葯。走出枝を盛んに伸ばしている。
これから葉が大きくなる。

ヒダボタン・キンシベボタンネコノメソウ・ホクリクネコノメソウ・ニッコウネコノメソウ(ユキノシタ科)
5月上〜中旬
5月上旬から中旬ににかけて氷ノ山山域で見かけたネコノメソウ属です。
これら以外にシロバナネコノメソウ・タチネコノメソウ・ヤマネコノメソウ・ネコノメソウもありました。
(氷ノ山から少し離れた地域では、ニッコウネコノメソウ・イワネコノメソウ・コガネネコノメソウなど)


ヒダボタン
葯は紅褐色。花糸はガク裂片と同じぐらいの長さ。




キンシべボタンネコノメソウ
葯は黄色。花糸はガク裂片から飛び出さない。



↓ホクリクネコノメソウ
葯は暗紫色で、花糸はガク裂片から長く飛び出す。



↓ニッコウネコノメソウ
氷ノ山から少し離れた地域です。




ヒメハイホラゴケsp(コケシノブ科)
5月下旬  氷ノ山(関宮町)
羽片がかなり立体的になっているのでヒメハイホラゴケと思われる。

氷ノ山でこれまでに見たのはヒメハイホラゴケだけで、ハイホラゴケ・コハイホラゴケ・アオホラゴケには出会っていない。







オオイタドリ(イタドリ科)
5月下旬  氷ノ山(関宮町)
イタドリとオオイタドリは区別が難しいのかと思っていたのですが、これを見ればオオイタドリだと分かりました。
葉の基部がはっきりとした心形で葉の全体の形も違っています。
自然分布は中部地方以北なので、この群落は明らかに工事に伴って移入したものです。


ミツデカエデ(カエデ科)
5月下旬 氷ノ山(関宮町)
氷ノ山の山域でやっと見かりました。

↓氷ノ山の山域の周辺部の株です。
大きな木だが花を着けていなかった。雄株で花を落とした後かも知れない。




↓氷ノ山の北向き斜面に生えている株。
細い幹の2mほどの長さの株で倒れこんでいる。成木を探しているが近くでは見つからなかった。
積雪量が多い場所なので、枝が折れやすいミツデカエデは育ちにくいのかもしれない。

キバナサバノオ(キンポウゲ科)
5月下旬 氷ノ山(関宮町)
以前に見つけていた標高が高い北限に近い群落のある沢の下流部です。
その群落から数百メートル下流までは点々とありましたが、それより下にはなさそうでした。


アサノハカエデ(カエデ科)
5月中旬 氷ノ山(波賀町)
アサノハカエデは時々見かけますが、花を見たのは初めてです。


タチカメバソウ(ムラサキ科)
5月中旬 氷ノ山
このあたりの沢際や湿った斜面で比較的多く見られた。


ヤブレガサモドキ(キク科)
5月中旬 東播磨
ため池土手のヤブレガサモドキの群落の様子を見てきました。
土手のところどころにかたまりをつくるように生えていて、10本以上のかたまりもたくさんあります。
それぞれのかたまりに出ている葉は大きさがほぼそろっていて、大きな葉のかたまりとやや小さい葉のかたまりが区別できます。
地下ではつながっていて、1かたまり=1株であるようです。大きな1かたまり(1株)で35〜50本ぐらいが数えられました。

↓葉の大きな株。
手前の5枚の葉は小さくて緑色が濃いので別の株かもしれない?


↓葉のやや小さい株。



タニヘゴ(オシダ科)
5月中旬 三木市
タニヘゴの自生地を通りがかったのですが見渡しても見つからず、消えてしまったのかと一瞬不安になりました。
よく探してみるとやっと出芽した状態の株が見つかり安心しました。
タニヘゴは県南部にはほとんどない種類ですが、三木市内では3か所で見つかっています。



ヤマザトタンポポsp(またはクシバタンポポ)(キク科)
4月下旬 但馬南部
三木市周辺では見られないずんぐりした花の形のタンポポです。
白い毛が多いのでヤマザトタンポポspとしましたが、クシバタンポポの方かもしれません。


チシマネコノメソウ(ユキノシタ科)
4月下旬 但馬南部
沢岸にコケと一緒に少数のチシマネコノメソウが生えていました。


イワネコノメソウ(ユキノシタ科)
5月上旬 西播磨北部
この谷には沢に沿って連続的に生えていました。

近くの別の2つの谷にも小群落があります。

(西播磨西部のいくつかの谷にも群落がありました。)




根生葉が無く、切れ込みが鋭い小さい葉で、葯が独特のオレンジ色をしているのが特徴です。



ヒトツボクロ(ラン科)・アカヤシオ(ツツジ科)
4月下旬 西播磨
ヒトツボクロは初めて見ました。花の時期に見に行きたいと思います。
この辺りの山の斜面には点々と生えていて、兵庫県での新しい産地になるようです。


アカヤシオとヒカゲツツジがちょうど咲いていました。
アカヤシオの方は兵庫県での新しい産地になるようです。
花崗岩の露岩が所々に出ているやや険しい尾根で、ヒメコマツ(五葉松)の大木や幼木も多く見られました。

オウギカズラ(シソ科)
4月下旬 西播磨北部
沢沿いの斜面にオウギカズラらしい群落が見つかりました。




花芽も走出枝もまだ出ていません。




アオホラゴケ・ヒメハイホラゴケ・コハイホラゴケ(コケシノブ科)

Mさんから兵庫県のハイホラゴケ類には数種類あると教えてもらい、その内のまだ見ていなかったハイホラゴケかもしれないと期待したのですが、詳しい方に標本を見てもらってアオホラゴケだと分かりました。

アオホラゴケは東播磨では少なくて、これが見つかった2番目の地域になるようです。


↓ アオホラゴケ←ハイホラゴケsp 東播磨北部 4月下旬


沢岸の湿った岩崖に生えていました。



葉の質がハイホラゴケの種類とは少し違っていた気がします。??





↓ ヒメハイホラゴケ 氷ノ山


沢の岩に着いていました。

私はヒメハイホラゴケはこの群落だけしか見ていないので兵庫県には少ないのかもしれません。

この場所の少し上流の岩に着いていた群落はコハイホラゴケの方でした。



葉はかなり立体的です。





↓コハイホラゴケ


ハイホラゴケとヒメハイホラゴケの雑種で、胞子はほとんどが不稔になるそうです。

東播磨・西播磨・但馬などで見かけるのはほとんどがこればかりでした。



三木市内に生えているコハイホラゴケ。

葉はハイホラゴケとヒメハイホラゴケの中間でやや立体的です。



ハリママムシグサ(サトイモ科)
4月下旬 播磨北部
ハリママムシグサの花がちょうど見ごろに咲いていました。



サンインシロカネソウ(キンポウゲ科)
4月下旬 氷ノ山
沢の中の苔むした岩にたくさん咲いていました。
小さい株ばかりなので、ネコノメソウの種類かと見間違えそうです。


豊富な湧水があるためかいつも気持ちの良い流れになっています。
そのためかここのサンインシロカネソウは秋にも生えていて返り咲きの花も見ることができます。



ヒメミコシガヤ(カヤツリグサ科)・アゼオトギリ(オトギリソウ科)
4月中旬
つい先日に見た時には分からなかったのに、今日行ってみると開花していました。
ほとんど目立たない小さな草なので見過ごしていたのかもしれない。
(自宅から近い空き地なので、いつでも見に行けます。)


ちょっと湿り気もある短い草とコケだけ(年一回草刈りをされる)の空き地です。


同じ空き地にはアゼオトギリも生えていて、多くの株が確認できました。


ヒカゲツツジ(ツツジ科)・シモツケヌリトラノオ(チャセンシダ科)
4月中旬
岩崖上部の日当たりの良いあたりの岩面にはホソバコケシノブとマメヅタランが生えていて、その上をイタビカズラやヒトツバが覆い、ヒカゲツツジがちょうど見ごろに咲いていました。


ヒカゲツツジ


この岩崖の下部・中部にはヌリトラノオ・シモツケヌリトラノオ・シモダヌリトラノオの3種が生えていますが、上部の乾き気味の所にはシモツケヌリトラノオだけが点々と見られました。



エドヒガンザクラ(バラ科)
4月中旬 但馬南部
谷の斜面にやや大きなサクラの木があり、細い枝の出方が普通のサクラとは違うように思い調べてみたらエドヒガンでした。

枝までが高くて写真に写すのがやっとでした。

ここから十数キロメートル離れたところには天然記念物のエドヒガンの大桜があります。



若い枝がまっすぐに長く伸びていてヤマザクラなどとは違った枝ぶりです。大桜ではしだれることもあるようですが、この木はまだ若いため?かも知れない。

がくの付け根部分が丸く膨らむのがエドヒガンの特徴のようです。

この辺りの山にも野生のサクラが多く生えているが、その内のどれぐらいの株数がエドヒガンなのか気になります。




アオネカズラ(ウラボシ科)
4月上旬 西播磨西部
Mさんに情報をもらい探しに行ってきました。

たくさんの葉を出した良い感じの群落でしたが、なぜか胞子嚢を着けている葉はなさそうです。



カラスシキミ(ジンチョウゲ科)
4月上旬 但馬南部
カラスシキミの新しい産地が確認できました。

本種は1株か数本だけの小群落で生えていることが多いために、見つかりにくい種類のようです。

群落の株数が少ないので標本を採れないこともよくあります。



県南部に生えるコショウノキとよく似ていますが、花後に花柄が残っていることが本種の見分け方のようです。



オオハナワラビsp(ハナヤスリ科)・コケシノブ(コケシノブ科)・ツルデンダ(オシダ科)
4月上旬 但馬南部
渓谷を歩きました。

両側が切り立っていて、手掛かりの少ない小さな滝が連続しそれらをかろうじて突破しながらなので大変でした。

下山するときは滝を通るのはとても無理だと判断し、山斜面の少し高い所をロープも使いながら通って戻りました。

そのような険しい斜面ではヤマグルマ・ヒカゲツツジ・イワウチワなどが多く見られました。


↓オオハナワラビsp

岩場にも生えるのですね?



↓コケシノブ

コウヤコケシノブも近くにあったがそれよりもかなり小さい。

片隅に少しのコハイホラゴケもありました。



↓ツルデンダ

久しぶりに見ました。








アマナ(ユリ科)
4月上旬 三木市
市内の河川敷土手のアマナが咲き始めました。

桜が咲き始めるころに開花しますが、土手上の桜はまだつぼみだけで今年は送れているようです。

山のコバノミツバツツジも遅れていて、ようやく咲いている株が見られるようになりました。


三木市の春の植物は、1月にイヌノフグリ・オオイヌノフグリ、3月になってコバノミツバツツジ・アセビ・アマナなどです。



ナニワズ(ジンチョウゲ科)
3月下旬 但馬南部
私が但馬に行った時に春の訪れを感じる花です。

冬を越した若々しい葉と鮮やかな黄色い花を見つけると、春が来たなと嬉しくなります。

少し南部では白い花のコショウノキが綺麗に咲いていて居ます。

今年はまだ見ていませんが氷ノ山のあたりでは白い花のカラスシキミがもうすぐ咲くと思います。




アイヌリトラノオ(チャセンシダ科)
3月中旬(八千代町)
羽片の切れ込みがヌリトラノオに比べてやや深いことから雑種のアイヌリトラノオ(ヌリトラノオ×カミガモシダ)と同定されました。


同じ岩には片親のヌリトラノオはあったが、もう一方の片親であるカミガモシダは見当たらなかった。

調べてみるとカミガモシダはこの地域周辺ではこれまでに標本が採られていないので、周辺を探してみる必要がある。



無性芽が着いていてその先は伸びずに切れたようになっている。





イヌチャセンシダ(チャセンシダ科)
3月上旬 西播磨
これまで見ていたのはチャセンシダばかりだったが、今回イヌチャセンシダに初めて出会いました。

無性芽が少しついているのでもしかと思って調べてみると、翼は3枚あるので間違いはなさそうです。



キミズ(イラクサ科) 西播磨
1月上旬
葉はイラクサ科なのに茎は木質で、木なのか草なのかよくわからない変な植物が見つかりました。

草本の図鑑ではサンショウソウ属の半低木となっています。キミズという種類だそうです。








シモダヌリトラノオ←シモツケヌリトラノオSP(チャセンシダ科) 西播磨
1月中・下旬
山中に地図にない大きな岩崖(2か所)が見つかりました。それぞれ40mほど続く大きな岩崖です。

岩の下部のやや乾いたところには、ヌリトラノオと無性芽がないシモツケヌリトラノオ?らしいのが生えていて、岩面の日が当たるが湿り気もあるところには写真のような大きな株がぎっしりと生えています。葉身部分は30p前後で、はっきりした無性芽が見当たらないのが気になります。



博物館でS先生に標本を見てもらったところ、胞子が熟していない?ので雑種のシモダヌリトラノオ(ヌリトラノオ×シモツケヌリトラノオ)であると分かりました。

岩面の大部分はこのシモダヌリトラノオが占めていて、岩崖下部などの一部には少し小さくて無性芽のないシモツケヌリトラノオがいくらか生えていて、岩崖の端近くの一部分には少しのヌリトラノオが生えているようです。





イヌノフグリ(オオバコ科←ゴマノハグサ科) 三木市
1月13日
イヌノフグリの花を写そうと、自宅近くの河川敷の石垣を見に行ってきました。

残念ながら開いている花はなくて、つぼみと実だけでした。

この時期にはもう(オオイヌノフグリもそうですが)花が咲くのですね。



マメヅタラン(ラン科) 西播磨
1月上旬
尾根に近い岩崖の上で久しぶりにマメヅタランに出会えました。

岩と木の幹にマメヅタのように着いているのがマメヅタランで、コケのようなのはホソバコケシノブ、遠方の木の葉はヒカゲツツジです。



シモツケヌリトラノオ(チャセンシダ科) 西播磨
1月上旬


尾根にある変成岩と思われる乾いた堅い岩にヒトツバと一緒に着いていました。

無性芽はないのでシモツケヌリトラノオと思われますが、詳しい方に標本を見てもらって確定します。


シモツケヌリトラノオでした。


後日、少し離れた大きな岩崖でもシモツケヌリトラノオと、雑種のシモダヌリトラノオ(ヌリトラノオ×シモツケヌリトラノオ)が見つかりました。





こちらは日陰になった部分に着いていて少し大きく葉も少し柔らかい株です。

上の写真の株と同じものであるのか? 標本で調べてもらいます。→これもシモツケヌリトラノオでした。




クリハラン(ウラボシ科) 西播磨
1月上旬
正月の運動不足解消のために林道を歩いてきました。

林道脇の沢岸にコタニワタリ?のような葉が見え、確かめると胞子嚢が丸くクリハランでした。

この辺りには知られておらず、見つかるとは思いませんでした。兵庫県では1番北の産地になるようです。